プロフィール


   


  




名前 黒川 しづこ Shizuko Kurokawa

1972年 大阪府枚方市生まれ 枚方市在住
出身校 1992年 成安造形短期大学(旧名称:成安女子短期大学)
       造形芸術学部 日本画専攻科卒業

 短大在学中は関西の美術館、百貨店や街のギャラリーを鑑賞して回るのが日常でした。海外研修旅行に参加して
ヨーロッパの美術館巡りも経験.。描くこと以上に様々な美術作品に触れた2年間でした。
略歴 短大卒業後、美術と無関係の事務職に就職。民間経験3年の後、官庁にて15年間勤務。
2010年3月退職し、透明水彩画を描き始める。同年11月よりブログ『水彩的生活』開始。
2011年9月初個展開催。同年11月より『KUROKAWAの透明水彩画サークル』主宰。
2014年2月『第一回KUROKAWAの透明水彩画サークル作品展』開催
2014年6月京都伏見に『くろかわ透明水彩画教室』開室
2014年11月から「カルチャーハウス香里ケ丘(枚方市)」講師
2015年9月『第二回 黒川しづ子透明水彩画個展&教室展』開催
2016年10月から「近鉄文化サロン」講師
2016年11月『第三回 黒川しづこ透明水彩画個展&教室展』開催
2019年4月『第4回くろかわ透明水彩画教室作品展』開催
趣味 カフェでブログ執筆(出没地:近隣のコメダ珈琲・スターバックスコーヒー) 他 温泉 映画鑑賞 ドライブ
水彩画を

始めたきっかけ
2010年8月

 最初は特に画材は問わず『絵を描きたい!』と思い、地元枚方にて鈴江章郎先生の水彩画教室に通い始めまし
た。そこで透明水彩絵具で具象風景画を描く楽しさに目覚めました。

 丁度この頃、フェイスブック、ツイッター、ユーチューブetc.のネット環境が急速に発達、スマホやタブレットなどの情
報端末も普及し、個人の活動を簡単に発信&情報収集できる時代となってきました。

 私も”ブログ 水彩的生活”などで活動を発信していると、多くの作家さん達との交友に恵まれ、当初からは想定外
の活動となりました。
水彩画

出来事の記録
2010年 8月 鈴江章郎先生の水彩画教室に通い始める。(2010.12退室)
     10月 杉谷治子先生の裸婦描画教室に通い始める。(2012.6閉室)
     11月 ホルベイン主催”エンジョイペインティング”スケッチ会に初参加。
     12月 ”クロッキー会ミケランジェロ大阪(2014.12閉鎖)”に通い始める。
         ”ブログ水彩的生活”を開始し”日本ブログ村水彩画カテゴリーの住民になる。
         ホームページ”KUROKAWAのアトリエ”ツイッター&フェイスブックも開始。
         京都安楽寺にて”カクロクさん”こと酒井芳元さんと初対面。レクチャーを受ける。

2011年 3月 伏見を拠点に活動する”水彩スケッチクラブ(SSC)”に加入
         関西各所の風景スケッチに通い始める。
         ”水彩くらぶ大阪”に加入、”ならざき清春大阪講座”に通い始める。
      9月 ”くずはアートギャラリー”にて初個展開催
     11月 地元枚方市にて”KUROKAWAの透明水彩画サークル”を立ち上げ主宰(生徒数4名)
     12月 静風堂枚方店にて初講師
         ”ホルベイン透明水彩絵具でクリスマスカードを描くワークショップ”開催。

2012年1月 大阪市中央公会堂で開催の”第二回水彩くらぶ大阪作品展”に初出品
      7月 水彩画作品のメイキング動画を制作、ユーチューブで動画配信を始める。
      8月 京都三条通りの”ギャラリー幹”にてポストカードの取扱い開始
     10月 赤坂孝史さんの京都個展会場にて徳田明子さん、瀧内秀一さん、
         藤枝しげとさん、渡部政人さん、西岡路子さん達と初対面&下鴨神社にてスケッチ会。
         永山裕子さんと横浜個展会場にて初対面。
         ”第二回奈良きたまちスケッチ会”に初参加。
         京都画材祭りにて増山修さんのワークショップ初受講。
     11月 京都NHKカルチャーにて笠井一男さんのワークショップ初受講。

2013年 2月 京都NHKカルチャーにて田辺恵子さんのワークショップ初受講。
         村田旭さんと東京個展会場にて初対面。
      3月 東京”ギャラリーび〜た”『笠井一男 田辺恵子二人展』会場にて
         くどうさとしさん、小林啓子さんと初対面。
      4月 神戸NHKカルチャーにて永山裕子さんのデモンストレーション初鑑賞。
      5月 大阪市中央公会堂”第三回水彩くらぶ大阪作品展”に出品
      6月 大阪京橋NHKカルチャーにて野村重存さんのワークショップ初受講。
      7月 横浜そごうギャラリーダダにて開催の”第一回フェイスブック横浜作品展”に出品。
      12月 大阪梅田NHKカルチャーにて水墨画家王子江さんの講座初受講。  

2014年 2月 大阪本町の喫茶店”COFFEEクローバー”にて
         ”第一回KUROKAWAの透明水彩画サークル作品展開催。
      6月 京都伏見にて『くろかわ透明水彩画教室』開室。(サークル活動から教室へ)
      10月 開室丸三年を区切りに趣味のサークル活動としスタートさせた枚方教室を閉室。
         ”第四回水彩くらぶ大阪作品展”に出品。
      11月 カルチャーハウス香里ケ丘にて「透明水彩画の基礎講座」開講。

2015年 9月 ”第二回黒川しづ子透明水彩画個展&教室展”開催(くずはアートギャラリー)
          レッスンや展覧会にてデモンストレーション(実演)を開始

2016年10月 近鉄文化サロン阿倍野にて「ステップアップ透明水彩画講座」開講
      11月 カルチャーハウス香里ケ丘より一日スケッチバスツアーに講師として参加
          ”第三回 黒川しづこ透明水彩画展&教室展”開催(くずはアートギャラリー)

2017年 2月〜病気休業
       8月〜カルチャーハウス香里ケ丘講座再開
      12月〜伏見教室再開

2018年  7月伏見教室にてマスキングを使ったワークショップ開催
      10月伏見教室にてスケッチ会再開

2019年 4月”第4回くろかわ透明水彩画教室作品展”開催(くずはアートギャラリー)
         近鉄文化サロン奈良にて「ステップアップ透明水彩画」開講
      7月近鉄文化サロン阿倍野 講座再開
      10月”第4回黒川しづこ透明水彩画展”開催(ギャラリーTAJIRO祇園四条)

2020年 2月3月 アートアライ(枚方市)にてマンスリー展示予定
コラム

水彩画と
インターネット
 当初は『趣味として独りで密かに描ければいい。』と思っていました。

 自分の絵を観てもらいたいと思えば『個展開催』『グループ展参加』『公募展入選』が必要。費用も準備も所属(上
下関係とか、役とか…)も大変そう。作品の規格など(100号とか…)制約もあり不自由…。しかも公募展は誰かの
価値基準で評価される必要があるし…などから人目に晒すことは頭にありませんでした。

 ところが、作品をインターネットにアップしてみるとビックリ!例えば、描いたばかりの絵を公開した数秒後に世界中
から反響が集まるのです。

 そこから様々な作家さん達との交流が生まれました。

 私のサイトから”京都画材祭り””クロッキー会ミケランジェロ(2014年12月閉鎖)”や、”スケッチ会””ワークショッ
プ””展覧会”などの情報を知ることが出来たと感謝されたり…

 絵について好き勝手書いたアートエッセイに共感が集まったり、ユーチューブでの”メイキング動画”が好評を得たり


 逆に私も貴重な情報を得ることができています。

 この”自由でライブな感じ”がとても刺激的で楽しいです。

 もちろん従来通りの手法も大切だと思います。しかし『その道を通るしか世に出ない!交流も出来ない!』というの
ではなく、ネット環境を利用することで楽しみ方の選択肢が増えた様に感じています。
コラム

水彩画活動と私
 以前、美術業界に詳しい方に「実績というのは”百貨店又は有名画廊から依頼されて個展を開くこと””美術団体で
活躍すること””公募展に入選すること”」「上の方々からの指導が厳しくて10年間同じテーマで描いても描くテーマを
変えさせてもらえない。」などの事情を聞いて気が遠くなった記憶があります。

 私のほうは先生や会派に拘らず、”素敵!”と思う直観を大切にしています。好きな作家さんの作品を鑑賞したり著
書を読んだり、機会があれば講習会にも参加します。得られた様々な”気づき”をネットなどで発信しています。

 生きていると”仕事・子育て・・自分の病気、家族の病気・介護…”いろいろとありますが、そのなかでも絵を通して
楽しくキラキラとした時間が生み出せればと願って教室運営しています。



目指していること
その世界に入ってゆけるような空間を描くこと。光と大気を描くこと。印象を描くこと。
好きな画家 永山裕子 Jasmine Huang 酒井芳元 広田稔の人物クロッキー


【水彩画教室のお問い合せはこちらへ】


090-9250-8887※非通知は受話できません。


ご注意:カルチャーハウス香里ケ丘講座への受講は、直接カルチャーハウスさんにお申込みください。


↓こちらのフォームからもご連絡いただけます↓


お名前*
お電話番号*
メールアドレス
ご希望の連絡方法* 電話希望 メール希望 どちらでも可
ご連絡内容*
Powered by CGI RESCUER Powered by CGI RESCUER