垣根は伐採。ごく低く剪定し続けた紫檀・黒檀・本つげや皐月、球根類と鉢木等だけになりました。

 しかし、多くの木々が生き残ることになり「ホッ」としています。
踏み石にしていた平らな石もいつの間にか処分されてしまいました。

 左は、蝉が抜け出た跡で30以上あり「蝉時雨」の中の生活を楽しみました。
もう、蝉は戻ってこないでしょうか?


    TOP
思い出の植木 ←検索
 家屋改築にあたり、30数年にわたり苗木・挿し木・実生から育てた木々も伐採することになりましたが…
 植物も生き物。
 少しでも命を救うため、一般の樹木は公園へ、果樹は造園業者へ寄付しました。