光ポータブル


   TOP
小さいながらも自宅LAN構築完成
  USB保存機能発達した現在LAN機能の必要度は低下している
 このたび、インターネット電話でお世話になっている皆様方のご指導とご援助により、小さいながらも自宅LANが完成しました。バソコンはXPと98ですが、98はWindows98が出た最初のパソコンで、ソフトは殆んどがWindows95対応、周辺機器は全て95用でした。

 
XPを使用して、95のハードやソフトが修正しなければ使えないものが多いことが分かりビックリしました。インターネット電話でXP購入は半年か1年待てと言われ、4年前の時のことを思い出しそれがオーバーラップし今まで躊躇し続けてきました。 しかし、今はIP新時代思い切ってXPを購入。98と違ってフリーズもなく快適そのものです。でも95関係の使用ソフトも多く頗る制約があるので、LANを使って有効利用しようと思いました。

 そこで、aDSLのモデムにルータ、外付けハードディスクを加え、後は旧製品とソフトを活用することにしパソコンショップ・メーカー・プロバイダ・NTTなどに問合せましたが思ったようには進みませんでした。
 LAN構築の全てを無経費で完成させようと思い、まずビットアリーナのプロフィールにルータでのインターネット電話の接続方法のお教え頂きたいことを記載したところ、あれほど各社が分からなかったことを福田様がお教えてくださいました


 それをきっかけとし、その他のことは私がリンクを貼っている方を中心にお教えをお願いいたしました。 95対応のプリンタ、スキャナ、住所録ソフト活用方法のほか、外付けハードディスクの区分フォーマット、パワーポイントのインターネットへの送信方法、画像電話やライブカメラの設置方法など多くのことをお教え頂き曲がりなりにも自宅LANが完成しました。
ルータを介した速度は1.5M回線に対し1.3M。 ソフトのバージョンアップやデバイスなどのハード面等いくつもダウンロードや設定を繰り返し完成しました。

お教え頂きました皆様方に心からお礼申し上げます。ネット電話の素晴らしさを改めて認識しました。

 その後2003年にルータを無線LAN対応機種に変更。速度も8Mほど出るようになりました。
 
その後24Mに更新。光回線は同居している子供世帯で導入。
 2004年に、XPは54Mの無線LANカードを、98はNTTモニタでXPで使用した11Mの無線LANカードを転用しそれぞれインターネットで使用することにしました。続いて2005年1月にXP・98間の自宅LANをコードレス化にしました。
プリンターに接続していないパソコンからも印刷出来るようになりました。

 
2007年01月 Vista導入 コードレスLANも「XP・Vista・Windows7」時代に入る。
 Vistaは、131万画素のネインターネットTVカメラ(131万画素)購入。

 
2009年12月 4代目のWindows7 ソニーVAIO TV地デジ機能・無線LAN機能・インターネット電話(131万画素カメラ)機能
 付きのパソコン付き購入

 プロセッサ          6.1
 メモリ(RAM)        6.1
 グラフィックス          4.9
 ゲーム用グラフィック    6.3
 プライマリハードディスク   6.7
 プリンタはMP640(スキャナー機能付き)に更新。
 
98 LANカード付きパソコは、以前に孫用の練習用に転用。

 2012.7.15 Vista突然TV・パソコン故障。
 ※パソコンショップに持参したところハードの故障で修理に5万円以上とテスト費用も必要という納得いかず持ち帰る。

 ESPROMO FHシリーズ B6FJ−7891−01 TV機能付きデスクトップ型パソコンに更新。
 @ プロセッサ 1秒あたりの計算   …  7.5
 A メモリ(RAM)             …  7.6
 B グラフィックス             …  6.3
 C ゲーム用グラフィック        … 6.3
 D プライマリーハード          … 5.9

 2012.7.22に孫にXP練習用として渡す。
 自宅では、パスワードが設定してあるため父親がいないと接続できないという。
 ランカードは、取り外して置くべきか迷っている。

 2013.2 タブレット型Windos8購入(3台目)

 2013.4.8 無線モデムを200MB→1GBバージョンUP。
 セキュリティをデスクトップ・ノート型・タブレット型Windos8に更新。