回顧編ホーム

 窓の会(検索)
 窓の会説明用
ワンダフルライフ目次 
  電子書斎(my book)と電子出版
学習ツールのページ目次
ふれあいのページ目次
目次 目次 生活便利帳
18 大野佐長 昭和31年7月28日 昭和35年6月30日  回顧編社会への巣立ち編(大野佐長市長から河合市長市政へ)
回顧編17 大野佐長 元市長から頂いた色紙にまつわる思い出
19 河合陸郎 昭和35年7月1日 昭和39年6月30日  回顧編32行政内部からみた市長のまちづくり(豊橋)  ---------------------
回顧編原点…人生のポイント記録   回顧編20河合陸郎市長 初成人式記念額皿
20 河合陸郎 昭和39年7月1日 昭和50年3月26日 回顧編控除可能な「口座振替書」全銀協で承認(東海銀行で印刷経費経費)   
現「三菱東京UFJ銀行で負担」
21 河合陸郎 昭和43年7月1日 昭和50年3月26日  回顧編「都市空間の整備の方向」提案 /回顧編1-3  / 回顧編3の2)  
22 河合陸郎 昭和47年7月1日 昭和50年3月26日  同上(三河港造成の原点編)(wデジカメスキャナ第三のカメラ(w
23 青木 茂 昭和50年4月30日 昭和54年4月26日 回顧編10…議会事務局編  回顧編19エネルギー資源の移り変わり  
24 青木 茂 昭和54年4月27日 昭和58年4月26日             回顧編…豊橋のまちづくり提案執筆のきっかけ  回顧編27…北陸信越の港湾視察写真
回顧編
…永井路子さんと丸山薫夫人の談笑
  回顧編15なぜ今学ぶのか?
回顧編22… 全国の港へ仲間入りした三河港  回顧編23豊橋市長青木茂の生涯 (青木追加)
回顧編28…大津美子さんとの記念写真  回顧編30欧米都市行政視察出発写真
25

32
33

高橋アキラ
早 川  勝
佐原 光一
S58.4.26-H8.10.2
H8.10.2 -H20.11.16
H20.11.17-A-B
昭和62年4月26日
    他 
高橋アキラ・早川勝・佐原光一 市長時代 青木茂氏がもし豊橋への道を選ばなかったら(推理編
回顧編18…海の街道展(三州豊橋に外輪船) 回顧編16…JR二川駅橋上化以前の周辺
回顧編26…「学者」とあだ名を付けられる   回顧編… パソコンで巡る進化博物館
顧編
…公共料金収納率向上策
水道事業の民営化他議会事務局追放写真
回顧編11…巻き返し編(次々巡りくる試練) 回顧編…韓国訪問旅行 
回顧編12… JR二川駅周辺の全景画像 回顧編13…江戸時代の街並みに下水道整備他
回顧編24プラネタリウム・大型映像のデジタル化 回顧編25私の地震記憶1995年 1997年
回顧編31国道23号豊橋・豊橋東バイパス開通/ アクセス道路築造()

◇   回顧編原点 一枚の色紙(拡大:直w  回顧編21 ストレステスト(w (ネットで辿る旅記録w 東三河県庁広域合併 連隊旗で講義(w

◇   豊橋の頭脳(新装なった中央図書館協議会委員(w 検索 沖縄(琉球)ハブ海空港活用(w インターネット検索でGO(w  東電関係(w

◇  「語り継がれる地震」 /「政治の移ろい/二大政党確立の瞬間」 私の「天の時 地の利 人の和」(回顧編) 国道259号線開通式(回顧編29

◇  ワンダフルライフの特殊な用語 器楽合奏の思い出(w 豊橋市の都心部(ペデストリアンデッキ)(w  JR二川駅南地区整備(回顧編)

◇  豊橋技科大・愛大・豊橋市の三図書館交流の始まり(w 技科大誘致(w  うぅーポッの不思議夢体験(イメージ画) (文章・中2(w

◇  東雲町に河合陸郎・丸山薫・小柴昌俊が住んでいた(w  (w特別番外編ips細胞・ES細胞を知ろう  (w)退職挨拶状に対する返書

◇  東三河環状線「乗小路トンネル」(w回顧編2V (w回顧編 三河港と東三河の国道推移(予測)(w3) 東三河広域連合設立へ(w

◇  私の地震記憶(w  いじめ疎外を乗り越えて(w 主な電子出版目次(w  2014年の正月(w  賀状等

◇  万場調整池 青木茂 子供の成長(親子で一緒に暮らせるのは高卒までである(w 都市再生整備計画 豊橋 2015年(節目の年)の出来事

◇  はがき投稿(2016.2) 回顧編基本構想3の219(地下) 豊橋市自然史博物館(現在)  回顧編19豊橋市地下資源館 

◇  特捜検事の件(都市空間の整備の方向)   別記編2012_5(米国古生物学者と年収談義  東三河二段階合併論(早川勝市長)


1.河合陸郎市長時代 

  河合陸郎・青木茂だけでは、ここまで大きな施策が出来なかったと思う。
  神野太郎がいてこそ東三河の経済界を取り込み商工農の調和がとれた発展ができた。
  三者三様の能力結合が成功に導いた。
  青木茂助役起用は、中央省庁を動かすのに多大な効果をもたらした。

  当選して初登庁した時、財政課の幹部が今度の市長「党人派」らしからぬ細かなとこまで財政の仕組み知ってるぞと驚いていた。
  当時、行政課と財政課間には小会議室がありドアで繋がっていた。

  河合陸郎市長は、土地改良区を基盤にもち、また特異な能力の持ち主。
  秘書課へは、取り巻き人たち数人が何時もいた。
  特に県議会議長の時、桑原知事をはじめ部課長連中から河合陸郎さんだったら何の苦労もいとわないと言っていたと河合市長から
  良く聞いた。
  時は、高度成長期に入ろうとしている時期だった。

  豊橋市の体質改善、いや東三河地域全体を低成長地域から尾張・名古屋・西三河地域に並ぶまでに持って行きたい。
  それには、どうしても青木さんの力が要る。
  だが、愛知県に係ることは、僕がすべてやりたい。
  政治家が集まる会合にもよく出させて頂いた。

  念願の港を持つため、並々ならぬ努力をされた。
  特に、漁業補償ではついに漁業権放棄までこぎつけた。
  この時、「天の時地の利人の和」と言う言葉使う。
  青木さんの国の力と、河合陸郎の県議会(農村部を含む)のまとめ役と神野会頭の東三河商工会・会議所の取り込み。
  港の造成と臨海部の開発は今しか出来ないと新聞記事の見出しにデカデカと載った記憶が有る。
  遅くても早くても出来ない!今だ!と,

  また、古書に親しむ人で戦災で無くなったのを?常に探す人だった。
  家庭内のことは何も言わなかったが1回だけ家族の方と旅行したことがある。
  後日、高橋市長時代に入り、校長先生のお嬢さんが言うには、庁内の人が小澤さんだけには負けたくないと言っていると聞く。
  あれ、あれ! やっぱり見合いだったんだなと感じた次第。

  そして、保守合同化一体化に成功するなど日が昇る勢いの中の時代だと感じていた。。
  東三河工業整備特別地域指定 三河港の造成 同臨海開発 豊川用水の開通 国道259号線への昇格開通 
  技科大誘致成功など全てやり遂げるまでやはりバトンタッチしなかった。


2.青木市長時代

  この頃になると、豊橋の区画整理が隆盛期に入り私はもっぱら区画整理関係の裁判・行政不服審査請求・再審査請求関係、土地区画整理
  組合関係で市長に会う機会が多かった。
  と共に師匠というか大御所の後藤紀 市顧問弁護士には10数年お世話になり徐々にその道に関わることが多くなっていた。
  河合市長在任中に、県に圧力をかけ向山地区の仮換地処分取り消し裁決に関わる再審査請求で、建設省から法務担当官が調査に来る事
  態にもなり、法務担当官は愛知県に非があるが訴訟に持ち込まず行政の秩序を保つため良く我慢されたと言われた。

  次は、前田地区の仮換地指定に関わる行政訴訟で最高裁まで被告豊橋市の主張がみとめられたのにも関わらず、地権者は仮換地に指定
  されたものは自分のものであるが、元地も自分のものであるとの主張。市民の公平性は保たれないので、公法「土地区画整理法」適用す
  れば簡単に強制的家屋移転できるが、
豊橋市で最初の強制執行が女性の親子では政策的に誤解を招くので、民事訴訟法による訴訟提起
  議案を提出することになった。市議会本会議では議員全員が提訴議案を異議なく賛成して頂いた。
しかし、提訴には関係学校教師2人の共
  同提訴に加わって頂く必要があった。2教員には夜間話しをすると共に教育長・学校教育課長には誤解の無いよう説明し協力を得た。
  この裁判の最終段階で裁判所から和解勧告が出され、その説明を後藤弁護士は藤村区画整理課課長と私たち3人を市長に推薦、強制執行
  当日和解にこぎつけた。議会事務局議事課異動後であったか急遽応援に駆り出された。
  B4用紙1枚に経過をフローチャートに記し、政策会議室で市長以下部課長に随時説明。後藤弁護士は市長が都合の付く日と「部課長の研修
  会」にしたようだった。


  その次は、牛川東部土地区画整組合理事長の県知事表彰で本人が上村代議士や高橋県議まで話しをし、今年は県から具申せよと言われ
  前例のない表彰を受けたことです。上村代議士・青木市長・高橋アキラ愛知県議会議長の勢揃いで「世紀の市長戦前」の奇妙な祝賀会に
  なったことは言うまでもありません。
  河合市長時代の「坪1000円が100倍に地価が上昇した契約問題」の最終事務処理。 前田南土地区画整理事業関係で、同地区と岩田
  第二土地区画整理地区内での「豊橋市名義」の用地を介し(購入)、前田南地区内土地との等価交換を、豊橋税務署経由で国税庁に照会
  回答を得て解決したこと。

  これらのことは、「豊橋のまちづくり提案」(回顧編)の中で述べています。
  市政の中心は、三河港の整備、美術博物館建設開館、地下資源館建設開館、中央図書館建設開館・地区・校区市民館整備(図書コーナー
  は端末機を導入しローリング配本)、ユーレックス計画などに移って行きました。
  「豊橋のまちづくり提案」執筆のきっかけは、回顧編7に記載してあります。
  本体は、青木茂市長がこれからやろうとすることを想定して市長としてもそん色ないものと感じそうな施策を記述したもの。
  勉強と役所を渡り歩いたことと参考文献に寄ることが大きい。


3.河合市長時代の 神野太郎(かみの たろう) 豊橋商工会議所会頭(東三河産業開発研究会長)
  
  器の大きな方で、常に企業文化を考えながら公と関わっていた。その意義を話してくださったり。更なることも!!
  政治と企業には一線を画していたが、なかなか鋭いところがあった。
  静岡県西遠諸都市との経済的繋がりは既に深く関わっていた




   ※ 青木茂 元市長は国民休暇村理事長などと度々、その会話から思い出されることは父親が渡台して青木少年を一生懸命育てあげる

     姿を、私(小澤紀明)との会話の一端に重ね合わせていたように感じた。

     高橋アキラ市長は現職時は毎月来館。退任後も5回ほど自然史博物館に来館し応接室で会話するも両者は一度も鉢会せすることは

     なかった。市長職辞職後、最後の来館時も2人だけで会話を交わした。

     高橋市長は私の構想そのものを「まちづくり」に反映された。私は注意深く見守ったが言動は避けた。それは豊橋市民や東三河地域の

     方が恩恵を受ければ構想が実現すると感じたからである(第三の手法による計画実現)

     ただ思っていたことは「と゛てらい男」の主役は、最終的には「河合陸郎市長」か「高橋アキラ市長」ではないかと思っていた。


     青木茂市長は実に理論的で暴れん坊と言っていたが実際は緻密な考えの持ち主で、城山三郎の「どてらい男の大東三市長のモデル

     
役のしっちゃかめっちゃか(新聞記者時代河合陸郎市長の話)」にはほど遠くスマート過ぎる振る舞いであった。

     
高橋市長が最後まで務めあげりれば、東三河地域の経済の底上げが実現する可能性があったが、時のいたずれでしょうかシナリオが

     狂ってしまい途中で市長を辞職するはめになってしまった。


     その次は首相補佐官もした「早川勝衆議院議員」が即座に衆議院議員を辞し豊橋市長選に立候補当選。当選翌日早々来館し応

     接室で現状を説明した。青木・高橋・早川 新旧三市長とも幾度となく来館するも三者共一度も遭遇することはなかった
 

     青木元市長からは実父が渡台し製氷会社の機械主任として残留したことや台湾・台南州で豚博士の巻を思い出してか、豊橋市自

     然史博物館の施設が縮小や廃止されず存続しているのを見て君は押しも押されもせぬ豊橋市の大主任になったなと言われた。

     それは、次期市長の言動を察して当時の次期市長の秘書からも青木前市長との橋渡しか「大主任」の道しかないと言っていた。

     (2014.6.27広島から「市役所OB会総会」懇親会に出席するため豊橋に来た本人との懇談の中でに再確認する。)

     早川勝市長は、市長就任以後財政の健全化に並々なら来努力を重ねられた。早川勝市長無くしては豊橋市も夕張市と同じ道を歩むこと

     になっていたかも知れない
豊橋駅前の再開発で豊鉄渥美線を豊橋駅構内に取り込んだのは功績であるが、市民病院跡地に商業施設を

     誘致せず「ココニコ」を立地したのは、東三河の発展に水をさすもので民主党が政権交代させた中で、早川お友達市政や施策選択が市民

     理解得られ無かったことは皮肉である。早川市長時代に「豊橋市名誉市民故青木茂さんを偲ぶ会」が催された。

     2013年暑中見舞いを出したところ早川勝元豊橋市長より暑中見舞いの返書が届く。 その内容(概略)は

     豊橋市街をトラックが頻繁に通るのは好ましくないと常に考えていたので23号バイパスは嬉しいことでした。銀河の世界といい、ipsの

     世界といい、人間の科学能力は驚きますが、社会科学ではいま二歩三歩ですよね。

     この時代、特質する訪問者がいた。それは「当時、豊橋の日独協会会長だった西島篤師氏がドイツの方」を案内して、豊橋市自然史博物館

     を訪れた。日曜日であったが見逃さなかった。アナトサウルス(エドモントサウルス)の温度センサー付のネクタイピンの念品をお渡しし来館

     感謝した。それは地下資源館とも深いかかわりを持っている



  ※  佐原光一市長とは直接会ったことはないが施策面でいろいろ繋がりがある。それは、@二川地区の下水道敷設関係(回顧編13

     江戸時代の街並みに下水道整備や、A早川市長に続き「柳生川南部土地区画整理事業の施行。B更には「豊橋駅東口駅南」の再

     開発地区(佐久間ダム建設時の操車場跡地)への:「穂の国とよはし芸術劇場PDF(愛称「プラット」)の建設(2011.10)。 C国道

     23号豊橋東バイパス(都市空間整備の方向)の最終的な関与H・L(2011年度末)。 Dプラネタリウム・大型映像のデジタル化

     E東三河県E広域合併 F南稜地区市民館の電子図書館併設 G東三河環状線「牛川トンネル」乗小路トンネル

     H太田国交相、三河港など視察 知事らと懇談 浜松三ヶ日・豊橋道路 国直轄で今年度調査(2014.5.28) I 東三河広域連合は

     青木構想(助役当時)の100万都市構想に相通じるもので(都市空間の整備の方向でも取り上げた)素晴らしい構想であります。

     J東三河広域連合愛知県知事認可(2015.1.30)
 初代の東三河広域連合長に豊橋市の佐原光一市





     インターネット検索でGO(検索ヒット状況)


     都市計画図(愛知県)





 河合陸郎・青木茂市長時代の豊橋      (人生と属性)
 東 三 河 臨 海 開 発 の 原 点)    検索
                                    
  記録のページ目次            市長を巡る部局別回顧