本文へスキップ

はり・きゅう・小児はり・美容鍼灸・スポーツ鍼灸・交通事故(自賠責保険)鍼灸・労災鍼灸・健保鍼灸・シリカブラック温灸療法・Battlefield Acupuncture

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0265-25-2468

〒395-0157 長野県飯田市大瀬木4217-2

治療方針policy&FAQ

治療方針

方針イメージ

当院は患者様のプライバシーに配慮して、写真の様な個室風の治療室を3室ご用意しております。基本的には自由診療により「患者さん一人一人の体調に合わせた」昔ながらの丁寧な「鍼治療」「鍼灸治療」を主に治療しております。交通事故に遭われた方に対する自賠責保険による鍼灸治療や、医師の同意による健康保険を使った鍼灸治療も取り扱っておりますのでお気軽にご相談ください。また、赤ちゃんの夜泣きや疳の虫に対する「小児はり」も澤田流独自の技術で治療しておりますのでご相談ください。

通院(治療)回数の目安

当院は上記した通り、基本的に自由診療により「患者さん一人一人の体調に合わせた」昔ながらの丁寧な「鍼治療」「鍼灸治療」を主に治療しております。痛みの改善を主な目的とした場合、毎日の治療から痛みの程度や症状に合わせてだんだん間隔を空けていきます。どこで治療を終了するかは患者さんの目的(ゴール)に合わせて設定致します。健康管理を目的とした場合は、最初は週に2回〜3回、その後は週に1回程度、最終的には2週間に1回又は月に1回程度の治療を目安とさせて頂いております。
あくまで患者様の望む「目的」に合わせて治療させて頂いております。

治療の料金について

◆◆◆鍼灸治療◆◆◆
クイック鍼灸:2,000円(税込)
立体動態波電気治療:2,110円(税込)から
鍼灸治療:3,810円(税込)から
灸治療(シリカブラック温灸療法):2,010円(税込)から
※詳細はお電話でお問い合わせ下さい。
※初めての方は初診料2,200円が別に必要となります。
※当院ではフリーペーパークーポンやネットサービスによる値引き等を一切しておりません。その類の広告はすべて当院が関与していないものであり当院ではご利用になれませんのでご注意ください。当院では各種公的補助金制度(介護者疲労回復券、県職員・県教職員・農協職員施術料補助金制度等)のみご利用いただけます。

◆◆◆Battlefield Acupuncture(BFA・バトルフィールド鍼灸)◆◆◆
※当院では国内で流通している鍼が様々な理由及び体質的に合わない方への緊急的処置として、患者様から依頼を受け、(国内に代替品が流通しない為、)フランスから輸入したASP鍼を代替品として使用し施術しております。 通常の鍼(例えばセイリン社製パイオネクス等)が使用可能な患者様にはそちらを使用して施術させていただきます。

※Battlefield Acupuncture(BFA・バトルフィールド鍼灸)とは、昨年NHKの某番組で紹介され、話題となった米軍が採用している耳鍼療法です。当院ではBattlefield Acupunctureを早くから導入して体質等により日本製の鍼では治療を行うことができなかった、患者様の様々な苦痛の緩和に尽力しております。

※Battlefield Acupuncture(BFA・バトルフィールド鍼灸)は腰痛だけでなく様々な苦痛に対応可能だと当院では認識しております。
※料金はお問い合わせください。
 初めての方は初診料2,200円が別に必要となります。

◆◆◆小児はり◆◆◆
小児鍼:2.000円(税込)
※初めての方は初診料2,200円が別に必要となります。

◆◆◆美容施術◆◆◆
耳鍼(耳つぼ療法):1,934円(税込)から
※詳細はお電話でお問い合わせ下さい。
※耳鍼の料金は円皮鍼の本数で変わります。
※初めての方は初診料2,200円が別に必要となります。

オイルリンパマッサージ(body)30分:¥3,888円(税込)〜
※当院を初めてご利用になられる方への施術は致しておりませんのでご了承ください。

顔面鍼トライアルコース(美容目的の顔鍼):9,980円(税込・初診料込)

美容鍼灸(アンチエイジング)
顔面鍼:施術料はお電話でお問い合わせ下さい。

美容鍼灸(アンチエイジング)
美顔鍼+上半身又は全身の鍼灸治療:施術料はお電話でお問い合わせ下さい。

美顔鍼ライトバージョン:6,800円(税込)

美容鍼灸(リフトアップ・頭皮鍼):8,000円(税込)

エアークールフラッシュ美肌施術:¥3.770(税込)〜
※初めての方は初診料2,200円が別に必要となります。

髭(ひげ)脱毛(For Men):3,770円〜
※初めての方は初診料2,200円が別に必要となります。

EMSダイエット:¥2,200(税込)/1回(20分)
※初めての方は初診料2,200円が別に必要となります。

◆◆◆各種保険鍼灸治療◆◆◆
各種健康保険による鍼灸治療(厚生労働省の定める疾患で、医師の診察と同意書が必要)
一部負担金は福祉医療費の対象となります。

自賠責保険(交通事故)による鍼灸治療(医師による同意書が必要)
当院では厚生労働省が定める労災保険の算定基準にて施術料を請求させて頂いております。2014年10月現在、施術料が他院より高額という事実は一切ございませんので噂などに惑わされず安心してご通院下さい。

労災保険による鍼灸治療(医師による同意書が必要)
→当院は指名施術所の指名を受けているので患者さん負担金は0円で受療できます。

生活保護による鍼灸治療
→申し訳ありませんが、当院ではお取り扱いしておりません。

  • 交通事故に遭われた方で鍼灸治療をご希望の方は一度当院へご相談下さい。
    損保会社の担当者に「鍼灸なんか絶対にダメです!」と断言されても当院からお話させていただければ受療できる場合があります。 

FAQ よくあるお問い合わせ
1.鍼灸治療って?
2.”小児はり”とはなんですか?
3.健康保険で鍼灸治療をうけるにはどうしたらよいですか?
4.健康保険で往診(訪問・在宅鍼灸サービス)をうけるにはどうしたらよいですか?
5.自賠責保険を使って鍼灸治療を受けるにはどうしたらよいですか?
6.労災保険で鍼灸治療を受けるにはどうしたらよいですか?
7.各種補助金制度とはなんですか?
8.美容治療(美容施術)とはなんですか?
9.EMSダイエットとはなんですか?
10.治療後の好転反応について
11.美容鍼灸はどれくらいの間隔で通えばいいですか?
12.その他(工事中)

鍼灸治療って?

はりともぐさを用いて生体のツボを刺激して体の不調を整える東洋医学のひとつの治療法です。
先ずはここをクリックして鍼灸4コマ漫画を読んでください。


鍼灸4コマ漫画を読む


小児はり”とはなんですか

小児はりとは約250年前から行われている伝統的な鍼治療法で、特に大正から昭和初期までは民衆的な医療の1つでした。現在でも関西地方では、夜泣きや疳の虫など子供の病気の治療に小児はりが盛んに行われています。使用する鍼は刺すものではなく、皮膚を刺激するだけのもの。心地よく、気持ちの良い治療です。副作用も無いので、乳幼児を持つお母さんたちには必見の治療法です。
もっと詳しく


マンガの続きを読む


健康保険で鍼灸治療を受けるにはどうしたらよいのですか?

次の病気については各種健康保険で鍼灸治療がうけられます。
@神経痛…例えば坐骨神経痛など。
Aリウマチ…急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの。
B腰痛症 …慢性の腰痛など。
C五十肩…肩の関節が痛く腕が挙がらないもの。
D頚腕症候群…頚から肩、腕にかけてシビレ痛むもの。
E頚椎捻挫後遺症…頚の外傷、むちうち症など。
Fその他(      )…その他これらに類似する疾患など。

健康保険で鍼灸治療を受けるには、先ず同意書という書類が絶対必要になります。
@同意書を当院まで取りに来ていただくか、厚生労働省のホームページからダウンロードして入手してください。尚、裏面に注意書が記載されていない同意書は使用できませんのでご注意ください。
Aその同意書を、日頃治療を受けておられる病院等に持参されて必要事項を記入して戴いてください。
B記入済みの同意書、保険証と印鑑を持参して頂ければ健康保険を利用して鍼灸治療が受けられます。

鍼灸の保険適用につきましては、次ぎの事項にご留意下さい。
@その病気は、先に医師の治療を受けていること。
A保険で鍼灸を受けている期間、その病気についてのみ医院、病院にかかれません。
 他の病気の治療は受けられます。(併給の禁止)
B同意書を書いて頂く医師は日頃かかりつけの先生がよいです。
C最初に医師の同意を受けてから、それ以後は、6ヶ月毎に再度、文書による同意が必要です。
D保険の種類によっては、取り扱いが出来なかったり、患者さん本人が手続きをしなければならないものもありますので詳細は各保険者にお問い合わせ下さい。

注1)鍼灸院で受ける保険治療は、一般の病医院で受ける保険治療とは異なり、医師の同意が必要である為、初回から保険治療ができません。かかりつけのお医者様から同意書を発行していただいてから保険治療が可能となります事をご了承下さい。尚、当院は初回から健康保険の取り扱いをしておりません。初回は実費にて治療させて頂いた後、ご相談の上、継続的な鍼灸治療(週に1回以上の通院)が必要であると医師が診断された方のみ、健康保険での鍼灸治療を承っております。
詳しくは電話にてお問い合わせください。


健康保険で往診(訪問・在宅鍼灸)を受けるにはどうしたらよいのですか?

上記@〜Fで記載されている健康保険適応疾患を患い、寝たきりの方、歩行困難の方、要介護の方、身体障碍者の方、脳血管障害による筋肉麻痺により歩行が困難な方、関節硬縮で歩行が困難な方、骨折後の固定により筋力が低下して歩行が困難な方、介護保険施設や有料老人ホーム等に入居されている方、又は医師が認める理由により通院するのが困難な状況の患者様は、医師の同意があれば健康保険にて訪問・在宅鍼灸治療(往療)を受けることが可能です。尚、注意事項などは健康保険で鍼灸治療を受ける場合と同様ですのでご注意ください。

健康保険で訪問・在宅鍼灸治療を受けるには、同意書という書類が必要になります。
@同意書を当院まで取りに来ていただくか、厚生労働省のホームページからダウンロードして入手してください。尚、裏面に注意書が記載されていない同意書は使用できませんのでご注意ください。
Aかかりつけのお医者さんに必要事項(往診の必要な理由)を同意書に記入して戴いてください。
B同意書をご記入いただけましたら、訪問日時をご相談させて頂きますので当院までご連絡下さい。
C同意書と健康保険証、印鑑をご用意してお待ちください。

自賠責保険等を使って鍼灸院で治療を受けるにはどうしたらよいのですか?。

先ず、人身事故扱いになっていて、先行して医師の診療を受けていることが絶対条件です。
その後、保険会社担当者様へ鍼灸院へ通院したいと言えば法律上は可能なのですが・・・
「はり・きゅうは絶対にダメ」「接骨院はいいけど、鍼灸院はダメ」と言ってくる担当者様が多いのが実際であります。しかし、裁判所は「原則として、施術を受けるについて医師の指示または同意があれば、鍼灸の施術費についても、賠償の対象となる」ことを認めていますので、先ずは当院へご連絡頂くか、受療に必要な同意書をこちらからダウンロードして、治療を受けておられる病院医院等に持参されて、お医者様に鍼灸にかかりたいと自分の意思を伝えて、必要事項を記入しもらって、条件を揃えてから再度、担当者様に「医師から文書による指示が有るので鍼灸院に通院します!」と言ってもらえればほぼ鍼灸院への通院はほぼ可能になります。
又は、最初から当院に電話でご連絡を頂ければ、当院で損保会社様へ連絡を取り受療の手続きをさせいただく事も可能です(協定済み損害保険会社様限定)
最近、鍼灸院と病院が同時にかかれない(併給の禁止)と言われる場合があるそうですが、それは、鍼灸療養費(健康保険)の扱いと混同しておる場合が多く、自賠責保険や人身傷害保険で病院と鍼灸院にかかる事(併給)は全く問題ありません。当院では逆に原則併給をお願いしておる次第であります。

尚、当院では弁護士先生のご紹介などは一切致しておりませんのでご了承下さい。

※同意書が表示されない場合はここを右クリックして「対象をファイルに保存(A)」を選択してください。

留意事項
@病院医院へ通いながら、鍼灸院へ通院することが(当院での取り扱いには)絶対条件です。
A鍼灸院への通院日数も賠償の対象になります。
B鍼灸院での支払いは基本的(一括の場合)に損保会社様へ請求いたしますので負担金0円となります。(実質的な負担金が0円になる場合は過失割合が0%の場合です。過失割合によっては被害者様に後日支払われる慰謝料より、過失割合分をご負担していただく事例もございますので先にご了承下さい。)


マンガの続きを読む

労災保険で鍼灸治療を受けるにはどうしたらよいですか?

事業主(会社)に労災保険適用の判断をして貰ってください。労災適応が承認されましたら、医師の診断書及び施術効果評価表が必要となります。書類が総て揃いましたら、医師との治療を併用しながら、労災保険により鍼灸治療が受療できます。
複雑な手続きですので、先ずは当院へお越しいただいてから直接説明させて頂きます。
尚、当院は指名施術所の指名を受けておりますので委任払い(患者さんの負担金0円)で受療できます。

各種補助金制度(介護者・県職員・県教職員・農協職員)とはなんですか?

介護者疲労回復事業(飯田市)
寝たきりや認知症の高齢者等を在宅で介護されている方の、日頃の疲れをご慰労するため、介護者が鍼治療を受けた時、年2回まで、1回につき1,500円を助成してくれる飯田市の事業です。
対象者は家庭で重度要介護高齢者(要介護3,4,5)を主に介護している方、もしくは家庭で常時介護を必要とする重度障害児者を主に介護している方(介護慰労金受給者)が対象になるらしいです。
該当する介護者には直接ご通知されているようですが、申請していただくと、治療の場合は1,500円の利用助成券を2枚支給されるようです。1回に1枚の利用助成券を使っていただき、料金の差額は自己負担していただきます。

県職員・はりきゅう指圧等施術料補助金制度
@対象者は県庁、地方事務所、保健所、建設事務所などの県の職員本人
A運動器疾患、慢性疾患で神経痛・腰痛・頚腕症候群・リウマチ・胃腸痛・喘息・その他医療上必要があると認められるもの。
B医師の診断書を添付する。(診断書の様式は問わない。)
C補助金は一年間に上限13,000円まで支給
D県職員の補助金制度である為、自費診療で受療して、その後対象者に返還される。
E申請用紙は患者さん自身で互助会から取り寄せ所属長を経由して処理する。

県教職員・本人はりきゅうマッサージ等補助金制度
@対象者は、小中高の公立学校の職員本人のみ。
A運動器疾患と慢性疾患で神経痛・腰痛・頚腕症候群・リウマチ・胃腸痛・喘息・五十肩・関節運動障害などの類似疾患。
B期間は初療の日から6ケ月までとし、その後は必要に応じて更新することができる。
C回数は各月10回まで
D初回と6ケ月更新時に限り、その月の医師の診断書を添付する。診断書の様式は問わない。
E補助金は1回の平均施術料が1,500円を超える時は1回につき1,000円。
F県教職員の補助金制度である為、自費診療で受療して、その後対象者に返還される。
G申請用紙は患者さん自身で互助会から取り寄せ所属長を経由して処理する。

農協・鍼灸施術料補助金制度
@運動器疾患及び慢性疾患で神経痛・腰痛・頚腕症候群・リウマチ・胃腸痛・喘息・その他医療上必要があると認められるもの。
A補助金は、1回につき支払った施術料の6割(100円未満切捨)で、2000円を限度とする。
B回数は1日1回までとする。
C医師の診断書を初回の申請時に添付する。様式は問わない。
D農協の補助金制度である為、自費診療で受療して、その後対象者に返還される。
E申請用紙は患者さん自身で互助会から取り寄せ農協を経由して処理する。

スポーツ災害共済給付金
スポーツ災害共済給付金は、学校の管理下における怪我や傷害などの災害に対し治療費などを給付してくれる制度であり、鍼灸治療も健康保険に準じた扱いで給付して頂けます。申請方法など、詳しくは学校の養護教諭にお問い合わせいただくか、独立行政法人日本スポーツ振興センターのホームページでご確認下さい。
専用の申請用紙はここからダウンロードできます。

美容治療(美容施術)とはなんですか?

院長が大学卒業後、鍼灸はアトピーの治療の効果が有ると考え研究を始めたのがきっかけです。
基本的には「美は健康の上に成り立つ」という理念を元に全身の鍼灸治療で体調を整え、顔面部への治療でさらに効果を高めるという発想です。現在では美容鍼灸と呼ばれる顔に細い鍼を刺してリフトアップや美肌効果を求める治療や、エアークールフラッシュを利用したエアークールフラッシュ美肌施術、耳鍼、オイルリンパマッサージ等を提供しております。オイルリンパマッサージは院長がスポーツトレーナー時代に培ったマッサージの技術を、むくみや筋疲労回復向けに改良したものですが、使用するオイルにより美肌効果もある事から美容治療の範疇に入れております。

EMSダイエットとはなんですか?

ドイツ製の医療機器である、立体動態波治療器(ステレオダイネーター)を使用し、立体動態波による刺激で筋肉を鍛え、脂肪を燃焼させるメディカルトレーニングです。外部から電気的な刺激を筋肉に与えて筋肉増強効果を狙ったものをEMS(Electrial Muscle Stimulation)といいます。立体動態波とは、異なる3っの電極から中周波を流して、体の深部を立体的に刺激するものです。中周波を干渉させて、低周波を作り出す事も可能で、筋肉内部に自分では不可能な強力な運動を少ない痛みで行う事が可能になります。さて、電気刺激で筋肉を増強して、脂肪燃焼効果を得ようとしても、普通の低周波治療器では筋肉内部まで刺激は届きませんので、筋肉増強効果は得られません。そこで、中周波を流すことで筋肉内部まで電気刺激が届き、筋肉増強効果、脂肪燃焼効果が期待できます。ちなみに中周波の治療器は一般の方が簡単に手にできる様な値段では手に入りませんので・・・ご注意ください。
文章で効果を説明しても上手に伝わりませんので、一度ご体験頂く事を強くお勧めします。
興味のある方は是非お電話でお問い合わせください。

治療後の好転反応について

治療後に「ねむいなぁ・・・」「だるいなぁ・・・」といった好転反応と言われる症状が出ることがあります。これは、こりかたまっていた身体がゆるみ、血液の循環が良くなり、正常な感覚に戻りつつあるのです。しばらく続く事もありますが、これによって健康体になっていきます。
好転反応の詳細はここをクリックしてください。


美容鍼灸の通院頻度について

たるみ・しわなどの改善といったアンチエイジング効果を期待するためには、4回目までは週に2回、その後は週に1回、2か月目以降〜半年は2週間に1回ご来院いただき、最終的には2〜4週間に1回というペースをおススメしております。

交通事故労災各種健康保険取扱
はり・きゅう専門治療
直神傳澤田流(R)

松 浦 鍼 灸 院松浦鍼灸院

〒395-0157
長野県飯田市大瀬木4217-2
TEL 0265-25-2468
院長 松浦 哲也

診療時間【完全予約制】

月曜・水曜・土曜
午 前 09:30〜12:30
午 後 15:00〜18:00
受付は終了時間の1時間前まで

火曜・金曜
午 前 09:30〜12:30
午 後 15:00〜19:30
受付は終了時間の1時間前まで

休診日
毎週 木曜日・日曜日

祝日の診療
祝日は元の曜日の診療時間
に準して診療いたします。
但し、木曜日が祝日の
場合は休診と致します。