本文へスキップ

はり・きゅう・やいと・小児はり・美容鍼灸・スポーツ鍼灸・不妊鍼灸・安産鍼灸・交通事故(自賠責保険)鍼灸・労災鍼灸・シリカブラック灸療法など

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0265-25-2468

〒395-0157 長野県飯田市大瀬木4217-2

鍼灸院案内Acp clinic Guide

松浦鍼灸院略歴

1950年(昭和25年) 代田先生、櫛原先生の弟子、松浦博一が飯田市山本の地にて松浦鍼灸療院開業
2000年(平成12年) 松浦博一の孫、松浦哲也が松浦鍼灸院を継承
2004年(平成16年) 飯田市大瀬木の地へ松浦鍼灸院を移転(飯田保健所届出済・労災指名鍼灸治療院)
2009年(平成21年) 基準鍼灸院認定(管理者:松浦哲也)
2015年(平成27年) 先代院長 松浦博一死去
現在に至る

半世紀以上の歴史ある鍼灸専門治療院の証でもある、

代田文誌先生が勉強に使ったとされる澤田先生直筆の五臓之色體表

院長ごあいさつ

氏名:松浦哲也(まつうら てつや)


【略歴】
昭和50年:飯田市に生まれる
      幼少の頃より鍼灸に触れ教育を受ける
平成6年 :長野県立飯田高校卒業
同年、明治鍼灸大学(現・明治国際医療大学)鍼灸学部入学
平成9年 :はり師・きゅう師国家試験合格
平成10年:明治鍼灸大学(現・明治国際医療大学)鍼灸学部卒業
      スポーツ鍼灸学専攻・鍼灸学士
平成12年:1月松浦鍼灸院継承
平成16年:2月松浦鍼灸院新築移転
平成26年:12月20日(土)急性大動脈解離を発症、臨死体験をする。
平成27年:2月より診療時間を変更して診療再開
現在に至る

【所属団体】
公益社団法人 日本鍼灸師会 会員
一般社団法人 長野県針灸師会 会員
一般社団法人 飯伊鍼灸師会 会員
一般社団法人 日本心身医学会 会員

【専門・得意・不得意】
専門分野:スポーツ障害、運動生理学
得意疾患:スポーツ障害、運動器疾患全般、関節痛、捻挫、むち打ち症、頸椎捻挫後遺症
     頚腕症候群、肩こり、腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、
     冷え性、易疲労、胃腸虚弱、自律神経失調症、うつ
     めまい、耳鳴り、メニエール、顔面神経麻痺、
     乳幼児の夜泣・夜尿など(小児はり)、美容関係の治療、等

【ご挨拶】
平成26年12月に大動脈解離で倒れてから、たくさんの人に助られて病を克服する事ができました。
本当にありがとうございました。
病を克服する間に机上の学問では学べない、気という目に見えぬエネルギーにより身体が回復する事を実感しました。 病気とは大概、気が足りないか、気が乱れているか、どちらかの状態であると感じております。先天の気(生まれ持った気)は補うことができませんが、後天の気(日々生きていく中で取り込まれる気)は良い気を補うことができます。 鍼灸師は気を補ったり、乱れた気を整えたりする事で病気を予防したり、治療をしたりしております。その気を実感した事で、とにかく祖父の技術に追いつこうと、技術のみ追求していた病前の私より、より患者さんそれぞれの気の状態に合わせ、寄り添った鍼灸治療ができるようになったのではないかと感じております。 これからも鍼灸師として、患者様を元気にするお手伝いができれば良いなと思っております。
松浦鍼灸院 松浦哲也

診療について

前院長より伝承された澤田流の治療を主として、昔ながらの全身的な鍼灸治療(一人一人に合わせたオーダーメイド型の鍼灸治療)をしております。美容鍼灸に関しましても、祖父が美容鍼灸をいう言葉が一般的に使われる前から「若返りの鍼」と称して、数多くのご婦人の患者様に提供しておりましたのでかなり古い歴史があります。安心して鍼灸治療をお受け下さい。

スタッフ

前院長
故 松浦 博一(はり師・きゅう師)
院長
松浦 哲也(鍼灸学士・はり師・きゅう師)
常勤
松浦 友紀
非常
交通事故労災各種健康保険取扱
直神傳澤田流(R)

松 浦 鍼 灸 院松浦鍼灸院

〒395-0157
長野県飯田市大瀬木4217-2
TEL 0265-25-2468
院長 松浦 哲也

診療時間【完全予約制】

月曜・水曜・土曜
午 前 09:30〜12:30
午 後 15:00〜18:00
受付は終了時間の1時間前まで

火曜・金曜
午 前 09:30〜12:30
午 後 15:00〜19:30
受付は終了時間の1時間前まで

休診日
毎週 木曜日・日曜日

祝日の診療
祝日は元の曜日の診療時間
に準して診療いたします。
但し、木曜日が祝日の
場合は休診と致します。