本文へスキップ

はり・きゅう・小児はり・美容鍼灸・スポーツ鍼灸・交通事故(自賠責保険)鍼灸・労災鍼灸・健保鍼灸・シリカブラック温灸療法・Battlefield Acupuncture

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0265-25-2468

〒395-0157 長野県飯田市大瀬木4217-2

院内設備facilities

ディスポ鍼灸針(使い捨て鍼灸針)

施設写真

当院では感染症予防の観点と、折針による医療事故発生防止の観点より、鍼灸治療に使用する総ての鍼灸針を、患者さん毎に一回限り使い捨てのディスポ鍼灸針を使用する事としております。主にセイリン株式会社が製造する日本製のディスポ鍼灸針を使用しておりますので安全です。
更に、術中はラテックスグローブを着用し、常に最新の感染症予防対策を取っておりますので安心して鍼灸治療をお受けください。


3D刺激装置ES-525(伊藤超短波製立体動態波治療器)

機器写真異なる方向に3つの中周波を流し干渉させることで立体的な治療を可能にした「立体動態波®モード」と、マイクロカレント治療が立体的に行える、世界初、ITO独自の「3DMENS®モード」を搭載。この2つに機能を特化させることで、先進の治療をより身近なものにしました。
また、ITOの技術力により2チャンネル同時出力を搭載。
ついに2部位同時治療を実現しました。
これまでの電気刺激療法を変える一台を、ぜひ当院にてご体感ください。

ステレオダイネーター(ドイツ・シーメンス社製製立体動態波治療器)

機器写真

ステレオダイネーターは、多様化する世界の医療ニーズに応えるため生み出された、革新的な医療技術を集約した物理療法機器です。立体動態波により、低周波では治療が不可能であった、体内の深部にある病変部位の治療が可能となり、世界の医療、リハビリテーション分野で大きな支持を得ています。その効果が日本でも認められ物理療法機器としては、国内初の厚生省(認定当時)新医療用具に認定された医療機器です。当院では主にスポーツ障害・関節障害・EMSダイエットに使用しております。


エアクールフラッシュ(国産)

施設写真

この機械の特徴はジェルを必要としない事です。ジェルを必要とする脱毛機は脱毛に必要のない波長も出ています。この中には水分に反応してしまうお肌に危険な波長も含まれます。また、空気に触れるだけで劣化するジェルは本来の役目をなさず、火傷を起こす可能性があります。この機械はジェルの役目になる特殊フィルターを採用して、お肌に危険な光を完全にシャットアウトします。だから、火傷の心配が少なく、日本人の肌にあった出力を設定して施術が可能で、確かな効果を実感していただけます。

因みに院長は製造元の田口社長と親交があり、最新美容関係の情報をいろいろ交換し合っています。

Ito-US750超音波治療器伊藤超音波株式会社製超音波治療器

機器写真

1秒間に数百万回の、高速度ミクロマッサージ作用が。超音波が体の深部に進むにつれて高速の振動が縦に伝わり、1秒間に100万回(1MHz)/300万回(3MHz)の高速度ミクロマッサージ効果を発揮します。手技によるマッサージの数倍の圧力を、深部に直接与えることができます。又、OTMモードを搭載し、スポーツ選手に多く見られる、打撲や捻挫などの急性疾患の治療にも対応できます。更に、マッサージと併用して疲労回復や足のむくみの治療、又は美顔目的での使用方法も可能です!


その他の治療設備

機器写真

当院では治療の補助治療器として上記以外に
①8chオームパルサー(鍼通電用非対称両極パルス波治療器)
②Ito-IF7P中周波・干渉波治療器
③吸玉(カッピング療法)
④遠赤外線治療器・ホットパック等、温熱療法機器
⑤微弱電流治療器(マイクロカレント治療器)等々を用意して、
患者様がより早く回復して頂くた為のお手伝いをさせて頂きます。


代田文誌先生直筆の掛軸

施設写真

鍼灸業界では有名な代田文誌先生直筆の掛軸です。
掛軸には「身心一如」と書かれています。
毎年お正月には生け花とこの掛軸を飾り、治療家を志した頃の初心に返り、新しい1年の希望を胸に抱きます。

生け花は「La-pre」というお花屋さんに毎年頼んでいます。
様々な賞を取ってる伊藤さんと、奥さん(かわいい!)がやってます。



交通事故労災各種健康保険取扱
はり・きゅう専門治療
直神傳澤田流(R)

松 浦 鍼 灸 院松浦鍼灸院

〒395-0157
長野県飯田市大瀬木4217-2
TEL 0265-25-2468
院長 松浦 哲也

診療時間【完全予約制】

月曜・水曜・土曜
午 前 09:30~12:30
午 後 15:00~18:00
受付は終了時間の1時間前まで

火曜・金曜
午 前 09:30~12:30
午 後 15:00~19:30
受付は終了時間の1時間前まで

休診日
毎週 木曜日・日曜日

祝日の診療
祝日は元の曜日の診療時間
に準して診療いたします。
但し、木曜日が祝日の
場合は休診と致します。