当教室の特色



 普通の人が日常生活の中で絵を楽しむことを念頭に”自分で描く力”をつけていただくべく「美術の基礎(見方・考え方)」をお伝えすることに力を入れています。


 一朝一夕には行きませんが、根気よく取り組むことで、表現の自由度作品の完成度が増すと考えております。


 私自身が水彩画を習い始めた頃、「よく見て描いてください。」以外は特に指導がない教室しか見当たらず、「感動を絵にしましょう。」「自由に描きましょう♪」と言われても、表現するための「美術の基礎」もわからない中では描く手がかりが得られず、やめてしまった経験があります。


 


 「先生と同じ描き方をする教室」ではなく、個々の「これを描きたいな」「こんな風に描きたいな」という思いを大切にしています。


 


コラム『なにかしら表現している作品を』


情緒、雰囲気、印象、詩情、ムードetc 人によりピンとくる言葉は数あれど、人が見て惹かれる作品には何かしらの表現がなされています。「演出」と言い換えてもいいかも知れません。


しかし、多くの方は実際に描くとなると「写真を写すだけの作業」に陥り、「具象画としては成立しているけれど、何かいまひとつ足りない作品」になりがちです。


「表現しようとする思い」がまず一番大切で、それをするために「技術」が後からついてきます。描き方だけを覚えても感動は得られません。


魅力的な作品を描くために、「なにかしら表現したい思い」が大切と感じレクチャーしています。




レクチャーの一例


明暗を把握することの大切さについて


最初は「明中暗」の3段階でも結構です。「目が育つ」につれ細かく見分けられるようになってきます。




私は「トーナルスケッチ(白黒だけで描く構想画)」に、「明暗の段階(グレースケール)」を示す数字を割り振っています。




トーナルスケッチの一例


「絵画の背骨」とも言うべき大切な「目線(EL)」の把握も合わせて行います。




「明暗」は実際の作品に反映されます。




時々、左の桜の絵の様に水彩紙ポストカードに「エスキース(構想画)」を描かせていただき、「手順」などのポイントをレクチャーすることもあります。


エスキースの一例


 


ものの見方の解説


人は頭の中の思い込みの形、象形文字・記号的に描いてしまいがちです。様々な見方を駆使してよく観察して描くことが大切です。


ブログ「水彩的生活」では過去にこんな記事も書いています。

『”円を斜めから見たら正楕円”を大真面目に考えてみた』




実際にものを見て描くときの姿勢の注意


F4サイズ以下のサイズであればティッシュケースに立てかけるなど少し斜めにするだけでもよいです。また、時々立って離れて見る「客観視」も大切です。が、多くの方は熱中し過ぎて逆に「近視眼」になってしまいます。ちょっとした改善ポイントで絵は大きく上達します。




プロとアマの制作に対するアプローチの違い


ちょっと描き慣れて少し余裕が出てきた頃、さらなる上達を目指す方にお伝えしています。







【水彩画教室のお問い合せはこちらへ】


090-9250-8887※非通知は受話できません。


ご注意:カルチャーハウス香里ケ丘講座への受講は、直接カルチャーハウスさんにお申込みください。


↓こちらのフォームからもご連絡いただけます↓


お名前*
お電話番号*
メールアドレス
ご希望の連絡方法* 電話希望 メール希望 どちらでも可
ご連絡内容*
Powered by CGI RESCUER Powered by CGI RESCUER