喜多方准看護高等専修学校

社会福祉の慈母瓜生岩子刀自が生まれた地で90数年の伝統ある本校で学んでみませんか

教育の目的

准看護師として必要な知識、技術、態度を習得させ、“看護のこころ”を育み、社会に貢献し得る有能な人材を育成することです。

准看護師の資格を取得するために

法律で定められた准看護師養成学校を卒業しなければなりません。

本校を卒業すれば都道府県知事が行う准看護師試験を受験する資格が得られます。

また、准看護師資格取得後、看護師養成校(専攻科2年課程)への進学の道があり、国家試験受験資格が得られます。

履修期間

2年間

募集定員

20名(男女共学)

出願資格

高校推薦入試
  • 平成29年3月高等学校卒業見込みの者で、成績調査票の評定平均値が3.0以上の者
  • 高等学校長の推薦がある者(各高等学校所定の用紙。無い場合は任意)
  • 本校に入学することが確約できる者
  • 心身ともに健全である者
社会人推薦入試
  • 高等学校を卒業した者で、現在、医療、介護老人保健施設等に1年以上勤務しているか、過去に2年間以上の勤務経験を有する者で、施設長の推薦がある者(用紙は任意)
  • 本校に入学することが確約できる者
  • 心身ともに健全である者
一般選抜入試(I期・II期)
  • 中学校及び高等学校卒業以上の者及び平成28年3月卒業見込みの者
  • 心身共に健康で、看護業務に関心があり、意欲的で向上心のある者
社会人選抜入試(I期・II期)
  • 高等学校を卒業した者で、就業経験3年以上を有するもの
  • 心身共に健康で、看護業務に関心があり、意欲的で向上心のある者
社会人経験者、既婚の方などの入学者が年々増加し、資格を取得して医療機関や施設で活躍しています。

試験日程・ 出願期間

高校推薦入試

試験期日
平成28年11月16日(水)
出願期間(必着)
平成28年10月26日(水)~平成28年11月8日(火)
合格発表
平成28年11月18日(金)

社会人推薦入試

試験期日
平成28年11月16日(水)
出願期間(必着)
平成28年10月26日(水)~平成28年11月8日(火)
合格発表
平成28年11月18日(金)

一般選抜入試(Ⅰ期)

試験期日
平成29年1月11日(水)
出願期間(必着)
平成28年12月7日(水)~平成28年12月20日(火)
合格発表
平成29年1月13日(金)

一般選抜入試(Ⅱ期)

試験期日
平成29年2月15日(水)
出願期間(必着)
平成29年1月25日(水)~平成29年2月7日(火)
合格発表
平成29年2月17日(金)

社会人選抜入試(Ⅰ期)

試験期日
平成29年1月11日(水)
出願期間(必着)
平成28年12月7日(水)~平成28年12月20日(火)
合格発表
平成29年1月13日(金)

社会人選抜入試(Ⅱ期)

試験期日
平成29年2月15日(水)
出願期間(必着)
平成29年1月25日(水)~平成29年2月7日(火)
合格発表
平成29年2月17日(金)

出願手続

出願上の注意

  • 不足書類や記載、押印もれ等の不備のないようにしてください。不備のある場合、出願を受け付けないことがあります。
  • いったん提出された出願書類及び受験料は返却いたしません。
  • 持参の場合は、月~金曜日午前9時から午後4時30分まで。(土・日曜日・祝祭日は休校日)
  • 出願最終日必着

出願書類の請求先

郵送希望の場合は、返信用封筒角形2号封筒に自分宛ての住所を記入し、205円切手を貼付したものを同封の上、請求してください。

〒966-0802 喜多方市字桜ガ丘一丁目149番地の2
喜多方准看護高等専修学校入試係
電話 0241-22-1219

1.入学検定料

10,000円(郵便為替証書可)

2.入学願書、受験票、入学志願者写真票(本校所定の用紙)

入学願書は、本校所定の用紙に記入してください。
入学願書、受験票、入学志願者写真票には、3ケ月以内に撮影した写真を貼付。
年齢は出願時現在で記載してください。

3.写真3枚(2.に使用)

縦5cm × 横4cm(上半身・無帽・無背景・正面向)

4.卒業証明書 (見込も含む)

最終学歴卒業(見込)校の校長が発行したもの

5.学校調査票及び成績証明書

  1. 出身校様式により、学校長が作成したもの
    中学卒学歴の者
    出身中学校長が作成したもの
    高卒見込及び高卒以上(高校、短大、大学)の者
    出身校長が発行したもの(専門学校等は不要
  2. 卒業後の経過年数で提出困難な場合は、出身校よりその旨の証明書を提出

6.返信用封筒 (受験票送付用)

長3封筒に宛先を記入のうえ、82円切手を貼付し同封

7.高等学校長の推薦書

高校推薦者が提出(各校所定用紙。無い場合は任意)

8.施設長の推薦書

社会人推薦者が提出(用紙は任意)

試験内容

試験内容は、推薦試験と選抜試験にて異なります。

推薦試験(高校・社会人)
作文・面接
選抜試験I期・II期(一般・社会人)
国語・数学・作文・面接
  1. 試験会場は、いずれも喜多方准看護高等専修学校(喜多方医師会館)で行います。(都合により会場が変更になる場合は受験者に別途通知します)
  2. 高校推薦入試で不合格となった場合は、一般選抜(I期もしくはII期)試験受験可。
  3. 社会人推薦入試で不合格となった場合は、一般選抜(I期もしくはII期)試験か社会人選抜(I期もしくはII期)試験受験可。
  4. 一般選抜、社会人選抜ともI期試験で不合格となった者は、II期試験の受験はできません。
  5. 各合格発表は、所定の日の正午に本校玄関前に受験番号を掲示するとともに、合格者へ文書で通知します。(合否の電話照会には応じません)
  6. 一般選抜並びに社会人選抜の後に、あらためて募集を行うことがあります。

受験に際しての留意事項

  1. 持参するもの
    • 受験票
    • 筆記用具
    • 上履き
    • 昼食(外出不可ですので、必ず持参のこと)
  2. 遅刻が予想される事態が生じた場合は、速やかに電話連絡のこと。
  3. 自家用車使用の場合は、駐車場の指定をしますので、事前申出が必要。
  4. 携帯電話等の使用は禁止。

入学手続き

所定の期間内に手続きを完了しない場合は、入学が許可されません。
入学手続き後の辞退者には入学金の返金は致しません。

試験区分 手続き期間
高校推薦入試 平成28年11月21日(月)~12月2日(金)
社会人推薦入試 平成28年11月21日(月)~12月2日(金)
一般選抜入試(I期) 平成29年1月16日(月)~1月27日(金)
一般選抜入試(II期) 平成29年2月20日(月)~2月28日(火)
社会人選抜入試(I期) 平成29年1月16日(月)~1月27日(金)
社会人選抜入試(II期) 平成29年2月20日(月)~2月28日(火)

提出書類等は、合格通知書送付の際に同封します。

  • 誓約書
  • 入学意思確認書
  • 入学金
    県内
    100,000円
    県外
    200,000円

必要経費

費目 金額 備考
入学時納付金 180,000円
教科書代(2ヶ年分)
85,000円
実習衣、聴診器等実習用費
71,000円
学級費
24,000円(2,000円 * 12ヶ月)
月々の経費 35,000円
授業料
25,000円
実習費
5,000円
研修費及び受験対策費
5,000円

奨学金等制度

本校に在学する学生は貸付対象になります。それぞれ貸付機関の書類選考審査があります。

種類 対象
福島県奨学資金 県内在住者
福島県保健師等修学資金
喜多方市奨学資金 市内に3年以上在住している者

給付金制度

卒業生に授業料の5割相当を助成します。(27年以降の卒業者で、市内医療機関に継続して3年間勤務の方
喜多方市では、地域において人材不足が深刻となっている看護職の育成と地元定着化の促進を図ることを目的とし、看護職を目指す方に対する就学・就労支援のため、給付金を支給します。
特に、喜多方准看護高等専修学校を27年3月に卒業し、1年以内に市内の医療機関等に就職(進学後に就職も可)された方は、平成30年3月から支給が該当されますので、広く該当者への周知方お願いします。

就学支援給付金 就労支援給付金
対象
1~2(3)の条件を全て満たす方
  1. 平成28年度以降に喜多方准看護高等専修学校に入学
  2. 入学の時点で市内に3年以上継続して住んでいた
  1. 平成26年度以降に喜多方准看護高等専修学校卒業
  2. 卒業後1年以内(看護師資格取得のため進学、卒業後)に市内の医療機関や介護施設に就職
  3. 就職先に3年以上継続して勤務した
給付金の額 喜多方准看護高等専修学校の入学金に相当する額
  • 市内居住者
    喜多方准看護高等専修学校に支払った授業料の1/2相当額
  • 市内居住者以外
    授業料の1/3相当額
申請受付期間 入学式の翌日から6カ月間 就職後3年が経過した日の翌日から6カ月間

申請にあたり、必要な添付書類があります。
詳しくは、市ホームページ 喜多方市看護職就学・就労支援事業給付金のお知らせからダウンロード等して請求願います。
※喜多方市トップページ > くらしの情報(左上) > 暮らしのできごと(左下) > 教育(又は仕事) > 喜多方市看護職就学・就労支援事業給付金のお知らせ

学割制度の適用

入学後、通学・受験・旅行などでJR利用する場合は学割制度が適用になります。事前申請が必要です。

授業時間等プログラム

講義時間 1時限=50分、休憩=10分

学年 内容 時期
1年 講義(9:10~16:00) 4月~11月中旬、12月~3月
臨地実習(8:30~16:30) 11月下旬~12月中旬、1月中旬~2月上旬
2年 講義(9:10~16:00) 4月~5月中旬、12月~3月
臨地実習(8:30~16:30) 5月下旬~11月下旬

*本校玄関に掲示すると共に、受験者全員に結果を通知します。

実習病院

  • 医療法人昨雲会飯塚病院
  • 医療法人昨雲会飯塚病院附属有隣病院
  • 医療法人佐原病院
  • 一般財団法人会津中央病院
  • 医療法人JA福島厚生連坂下厚生総合病院
  • 社会福祉法人天心会天心ケアハイツ
  • 喜多方市立保育所・こども園

など

卒業後の資格と進路

  • 准看護師試験受験資格が得られます。実績:10年連続全員合格。
  • 准看護師資格取得後、看護師養成校2年課程(専攻科)へ進学すれば国家試験受験資格が得られ看護師・保健師・助産師などの資格取得の道が開けます。
  • 資格取得後の就職先は病院、医院、診療所等はもとより、特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護保健施設など医療・保健施設への就職が有利になります。就職希望者は、全員が就職しています。

就職希望者は、卒業後全員が就職しています。

卒業生の主な進学先

  • 福島県立総合衛生学院(福島市)
  • 仁愛高等学校専攻科(会津若松市)
  • 郡山看護専門学校(郡山市)
  • 篠田看護専門学校(山形市)
  • 板橋中央看護専門学校(埼玉県)
  • 上福岡高等看護学院(埼玉県)

卒業生の主な就職先

県内
医療法人昨雲会飯塚病院、医療法人昨雲会飯塚病院附属有隣病院、医療法人佐原病院、医療法人社団小野病院、医療法人いとう眼科、医療法人爽陽会鳴瀬病院、喜多方市社会福祉協議会、一般財団法人太田総合病院西ノ内病院、一般財団法人竹田綜合病院、一般財団法人会津中央病院、医療法人会津西病院、医療法人白河病院など
県外
医療法人緑愛会川西湖山病院(山形県)、医療法人佐藤病院(南陽市)、医療法人舟山病院(米沢市)、医療法人篠田好生会篠田病院(山形市)、東京板橋中央病院(東京都)、東京武蔵野中央病院(東京都)など

応募されるに当たって

  1. 入学後に中途で挫折しないために、准看護師資格を取得するという強い信念を持つことが大切です。また経済的、家庭的な面で不安のないようにしてください。
  2. 在学中のアルバイトは、学業が本分ですので原則的には許可していませんが、事情等により許可することもあります。校長の許可が必要です。職種、就業時間に制限があります。成績が芳しくない場合は、禁止することがあります。
  3. 自家用車よる通学者には駐車場を紹介します。(個人契約)

問合せ先

喜多方准看護高等専修学校

〒966-0802 福島県喜多方市字桜ガ丘一丁目149番地の2

TEL:0241-22-1219 / FAX:0241-22-9522

HP:http//park8.wakwak.com/~kitaishi/