リンク集

日欧文化交流学院
「総務省統計局」
お役立ちリンク集
など
働く者の権利を守る権問研
−21世紀を働く者の世紀に−
権利問題研究会(略称・権問研)は、働く者の立場に立ち抜く権利学習の展開を目ざして1972年に発足しました。  創立以来、福田  徹弁護士が代表。権利の集い(研究討論集会)等のセミナー、無料法律相談、出版活動等を展開。働く者の権利闘争・労働裁判を支える。機関誌・月刊「権利闘争」と経済・労働・労働裁判など総合情勢分析の「権利白書」(毎年発行)は学習・方針づくりの指針として好評。多数の手引き、書籍を発刊。
     21世紀を働く者の世紀とするため、働く仲間の結集と団結づくりの権利学習を日本列島各地の職場・地域で進める。人権確立には社会保障・福祉の確立が不可欠と、国内外の現場にでかける学習も展開している。

(このホームページは2003年6月2日に開設されました)
概  要 概  要 概  要 概  要 概  要
06.08.26 13.07.14 13.02.01 14.1月号 06.08.26
                     
                       
=21世紀初頭最大の
権利闘争=


論説 憲法改正国民投票法案を斬る
(07.05)

憲法「改正」阻止闘争 ― そのたくましい展開のために ―(06.07)
憲法「改正」のうごき ― その背景、その目ざすもの ―(06.06)
憲法「改正」阻止闘争の展望 ― その宿題は ―(05.10)
自民党「新憲法草案」を斬る(06.05)
憲法を守り抜き、日本の未来を拓こう(05.05)
 
   ・権問研の論調「権利時評」

「死にたくない」と働く者に言わせる日本の現実(123)(09.01)
憲法記念日に想う  9条と25条は憲法の要(124)(09.06)
21世紀最初の10年目を迎えて 権利闘争の拡大を期そう(125)(10.01)
21世紀最初の10年目が過ぎて  − 働く者の現像は−(126)(11.01)
222兆円・死者32万人 = 南海トラフ地震で超巨大被害想定
 しかし!! 大企業の内部留保は267兆円ものすさまじさ(127)(13.03)

権利の体系から義務の体系への転換狙う改憲策動展開(128)(13.04)








   「権利闘争」誌・福田 徹元代表「権利時評」

   後楽随想(29)
        岐路重疂(1)


集会等のごあんない  (参加申し込みは下記権利問題研究会へ)

2014年3月9日(日)12:30〜 権利闘争セミナー 新本部事務所(浦和)
 
 

 

2014権利白書 14年2月27日  好評発売中
(A5版  165頁  予価900円
)
2013権利白書 13年2月27日 刊行
(A5版  159頁  900円
)
2012権利白書
12年2月27日刊行
(A5版  140頁  900円
)
時評・随想の三十年(上) 好評発売中(04年5月20日)
(A5版  256頁  1,600円
)
時評・随想の三十年(下) 好評発売中(08年5月2日)
(A5版  406頁  2,500円
)

             
権利問題研究会   新事務所(浦和地図)
新事務所(浦和)へ引っ越しました。(2014年1月)

郵便番号  〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂3−37−5
電話048−711−1266(FAX同)
メールアドレス kenmonken1972@aj.wakwak.com

交通  JR高崎線、宇都宮線、京浜東北線、新宿湘南ライン 浦和駅
                                              西口 徒歩約8分

ご連絡を(メール)
                


雲と草