topprofilebooksworksphotolinkscontact


<ツアー、レコーディング参加、楽曲提供、共演アーティスト>

安全地帯、玉置浩二、GLAY、TAKURO(SOLO)、ゆず、安室奈美恵、KinKi Kids、清木場俊介、ACE OF SPADES、C4、絢香、小柳ゆき、竹本孝之、KEIKO(globe)、椎名へきる、JILLE(GILLE)、高橋克典、斉藤光浩(BOWWOW)、宇都宮隆、木根尚登、COLOR(現DEEP)、森恵、土屋公平、JYONGRI、ZIGGY、ZNX、THE PRODIGAL SONS、DAIAMOND☆YUKAI、KOKIA、寺岡呼人、知念里奈、千綿ヒデノリ、相川七瀬、Tomiya、須藤あきら、CRAZE、Pool Bit Boys、FEEL、DEEPS、平家みちよ、The Skylarks(from UK)、THE DEAD P☆P STARS、幻想魔伝最遊記、COOL M.B、YASS、大槻啓之、風林火山 (MOUNTAIN TRIBUTE BAND Gt.山本恭司、Bs.厚見玲衣、Ds.ロジャー高橋、Vo.生沢祐一)、ジョニー吉長、石田長生、鮫島秀樹、清水興、ICHIRO、原田喧太、、TOKI、人時、北澤"KI-YAN"篤、松本慎二、北島健二、坂井紀雄、東北ドリームバンド、小柳”Cherry”昌法、田中一郎、村上”ポンタ”秀一、斉藤さおり、白浜久、EZO、織田哲郎、宮原学、葉山たけし、根岸孝旨、小田原豊、木村充輝(憂歌団)、SUGIZO

・・・・・etc.
(敬称略、順不同)


 

INFORMATION 2014年9月〜
ヤマハのシンセサイザーが、40th Anniversary ということで、スペシャルサイトが設置されております。

cmn

ヤマハシンセ 40th Anniversary > アーティストコメントページに僕のお祝いコメントが掲載されております。

「アーティストが作るMOTIF XFの音」

「MOTIF XFの内臓音色を四つ、作りました。
 初代からずっとMOTIFを使い続けてきましたが、ここ数年、ずっと大切に使っていた音色を、今回、XF用にさらにパワーアップして
 公開させて頂きました。
 それ以外にも、僕なりに楽しみながら作った音色たちです。よろしかったらー。」

「MOTIF XF WHのPREMIUM SOUND LIBRARYの解説動画が公開」

「MOTIF XFの音色を作らせて頂きました。
  僕への依頼は、『ヴィンテージシンセ系、および、ライブで即戦力になる音色』ということでしたので、特にバラードなどでオールマイティに使えるパッド、ハードなギターとのユニゾンやアルペジオなどで使って欲しいJupiter-8をイメージした矩形波のPWM(PULSE WIDTH MODULATION)の効果をイメージした音色、それから、派手なリアルタイムコントロールが可能なリード音色2種、を作成いたしました。よろしければ、是非店頭などで弾かれてみて下さいね。」

Yamaha Synth Blog ヤマハシンセブログ
2014年12月17日(水)
【アーティストが作るMOTIFの音】アーティストのこだわりのポイントがわかるムービーインタビュー公開!
http://jp.yamaha.com/sp/blog/synth/20519/

2014年12月29日(月)
【アーティストが作るMOTIFの音】4, The Legend Lead KK (川村ケンさん)
http://jp.yamaha.com/sp/blog/synth/20721/

YouTube動画の直接リンクはこちら
https://www.youtube.com/watch?v=nYBNzBfr7Ks

 

若鶏のエヒフ。
http://blog.goo.ne.jp/kenbow_001/e/6d265db1cb6ee15f75c845c54972ff48

「・・・大丈夫ですかね・・・」
http://blog.goo.ne.jp/kenbow_001/e/3f5b13b2b236d4dab6cbc78a08d2e69c

銀座感。
http://blog.goo.ne.jp/kenbow_001/e/7203b314a9520ff4833d1a85a00bd9e6

こんな感じで、どうがしょ。
http://blog.goo.ne.jp/kenbow_001/e/30c18169ba145bd00ae40b9b718f5ed2

 

km2014

キーボード・マガジン 2014年10月号 AUTUMN に、

「Ken Kawamura Plays MOTIF XF WH」

YAMAHA MOTIF XF WH & プレミアム音色ライブラリの試奏と感想がカラーページにて掲載されております。

キーボード・マガジン 2014年10月号 AUTUMN
定価 1,543円(本体1,429円+税) ASIN:B00MUIQ6W6
出版社:リットーミュージック; 季刊版  発売日:2014. 9. 10

雑誌取材時に試奏をした音源が、ヤマハシンセ 40th Anniversary スペシャルサイトに
「プロが弾く!MOTIF XFプレミアム音色ライブラリ」
として公開されております。

O-TA-NO-SHI-MI-NI!!
http://blog.goo.ne.jp/kenbow_001/e/f3e70eaa05cf3d1416d26d1297d975aa

 

 

------------------------------------------------------------------------------

 

INFORMATION 2014年6月13日(金)
KORGの最新ショルダーキーボード「RK-100S」
川村ケンの、試奏動画がKORGのページにアップされました。

「国内きっての老舗シンセメーカー、KORGさんの最新ショルダーキーボードRK-100Sを、試奏させて頂いた時の動画です。
 赤い色のとても綺麗な、カワイイキーボードでしたよ。いつかステージで使う日が来るかな?……
 動画では、なんだか一瞬、余計なことも口走っておりますが、どういうわけか、カットされずに使われております(笑)。」

「KORG NEWS」ページ
http://www.korg.com/jp/news/2014/0613/

「Promotion MOVIE」ページ(今後はこちらに残るものと思われます)
http://www.korg.com/jp/products/synthesizers/rk_100s/page_3.php

YouTubeではこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=5JKh6fMHUp4

お邪魔しまくり。
http://blog.goo.ne.jp/kenbow_001/e/33a821d3b2ebbaedca867dfbefee0c67

 


<MUSIC>

「piano solo 2011 03 25」.mp3


タイトルにある日に、ピアノに向かって即興で弾いたものです。
この演奏に関しましては、ブログ記事「ピアノで言ってみる」もご参照下さい。
東日本大震災で被災された方々に、そして日本の未来に、祈りを込めて。

 


<雑誌、連載 etc...>

株式会社リットーミュージック キーボードマガジン誌

「ケン坊のMetal keyboardistファイル」を連載(2009年7月号 SUMMER〜2011年1月号 WINTER)

「ケン坊のシンセサイザー・レストラン」を連載(2011年4月号 SPRING〜2013年10月号 AUTUMN)

 


 

2010年に行われた“ヴァウの総て All about VOW ”のライブレポートが以下の音楽雑誌に掲載されました。
 

GiGS、BURRN!、YOUNG GUITARの3誌に掲載された「VOWWOWライブレポート」の記事に、
僕が撮影したメンバー・ショットが使われています。
どうぞ、ご覧になって下さいませ!

■GiGS 3月号 2011.01.27 now on sale.
http://www.shinko-music.co.jp/gigs/gigs1103.html

■Player 3月号 2011.02.02 now on sale.
http://www.player.jp/new/

■BURRN! 3月号 2011.02.05 now on sale.
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=2175011103

■YOUNG GUITAR 3月号 2011.02.10 now on sale.
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=208837110

 

Copyright 2010-2017 Ken Kawamura. All rights Reserved.