岩兵衛くまちき土佐旅行レポート第2章

おはようございます!旅行3日目、今日5月19日は戦国土佐の英雄「長宗我部元親」の命日なのです!
そして私、岩兵衛の誕生日・・。それはどうでもいい。また歳をとったのが悲しい・・。

もう2×歳か〜。思えば岩兵衛とも20年以上の付き合いだな。
悲しむでない!この日のために元親の墓参りに来たのではないか。
では出発!まずは若宮八幡宮だ。


「迷子の巨大亀の話」
去年も来て見覚えのあるバス停を過ぎますが、前回は雪蹊寺に向かったため、若宮八幡宮の方向へは知らない道を通ります。
普通の住宅地を歩いていると・・道路の隅に30p近くある亀を発見!「車に引かれたら大変だ」と突然の事に動揺して立ち止まっていると、初老のお婆さんが話しかけてきました。

「亀が家の中に入ってくるので、門の下を塞いでいる」と言う。確かに玄関の門は木の板で隙間が塞がれ、そこから亀は動こうとしません。お婆さんは、近くの学校で飼ってる亀ではないかと思い、我々が学生だったら持って行ってもらいたかったらしい。
少し立ち話をしていると、「ウチでお茶でも飲んでいけば」と招いてくれたのですが、この日は先を急ぐので丁重にお断りして、巨大亀を後にしたのでした。

いや〜驚いた。いくら高知でも街中に野生の亀がいるほど田舎ではないからね。
それに少し話をしただけなのに、お茶に招待されたのもビックリ。高知の土地柄なのか、なんだか嬉しくなりました。

それは僕達の風貌と人柄が良かったせいもあるよ。
見るからに真面目そうな好青年だからな!


「若宮八幡宮・隼人社」
長宗我部元親が出陣祈願をした若宮八幡宮。その境内には、いくつかの祠(ほこら)があり、その中のひとつが隼人社です。
長宗我部家臣「福留隼人」を祭神としています。

福留隼人こと儀重(のりしげ)は、元親が出した禁酒令を諌めて酒樽を割ったという逸話があり、童謡にも唄われたという猛将。戸次川の合戦で信親と共に戦死しています。
儀重の父、親政も岡豊城が攻められた際に、敵を倒しまくったという「福留の荒斬り」で有名です。
(ゲーム「信長の野望」にも登場しているので知らない人はチェック!)

隼人社は首から上の病気に御利益があるそうです。
さすが戦国武将!打ち首と関係があるんだろうね。




「長宗我部元親の銅像」
若宮八幡宮と参道をつなぐ綺麗な公園というか、散歩道を逆走。すると左側に元親の銅像の後姿が見えます。槍を構えた凛々しい姿。

今回は、ここで私、岩兵衛と、くまちき、元親公の3ショット写真を撮るために三脚を持ってきたのでした。
さらに元親公の顔のアップを撮ろうと思い、時間差のシャッターをセットして最大に伸ばした三脚の脚を持ち両手を高く上げます。(しかし、現像したら膝のアップが映っていました。失敗!)

岩兵衛。僕の肩に乗りたまえ!そうすれば少しは高くなる。
ホームページに載せるため、何としても元親の顔を写真に収めるんだ!

おぉ!くまちき、有りがたい!
しかし・・いい大人が肩車しながら三脚を手に持って写真を撮る姿。誰もいないから出来るけど、かなり格好悪いぞ。

肩車して撮った写真はフィルムを使い終わってないので現像していません。どんなふうに映っているか・・!?

若宮八幡宮の近くには、雑誌に載っていた飲食店があり、そこで食事にする予定が・・この日は臨時休業!しかたなくコンビニで買い物して、食べ歩きしながら元親公の墓に向かいました。


写真は現像していません。
出来次第掲載予定。
「長宗我部元親の墓」
今更必要ないかもしれませんが一応解説。
長宗我部元親は戦国土佐を統一して、四国を制覇。豊臣秀吉の軍勢と戦い降伏。土佐一国を安堵された。北条征伐では水軍を率いて下田城を攻撃、朝鮮の役でも活躍。1599(慶長4)年5月19日、京都の伏見において61歳で死去。

この日は命日という事もあり、すでに花が供えてありました。
今回は途中で花を買ってきたし、それも合わせると更に豪華ではないか。
これで念願が叶った。

旅行の目的だった「命日に墓参り」ができて良かったね〜。
・・・とうとう旅行も終わりに近づいてきたんだな。ちょっと寂しい気分。


はりまや橋で御土産を買い、バスで高知空港へ向かいました。バスの中、疲れと旅行が終わりという切なさで静かになってしまいます。
そして空港では前回と同じく「司」という店でカツオ料理を注文!思えば、今回の高知旅行でカツオを食べたのは初でした。この店って、東京にも支店があるらしいので食べに行こうかな・・。

「空港で荷物検査の話」
飛行機に乗る前には、金属類の荷物がチェックされます。荷物が通過する機械の近くにはモニター画面があり、それを見ると金属類の形が影になって映っていました。

・・包丁!植木のハサミ!形が完璧に映っている!
ここまで見えてしまうのか〜。

刃物買いすぎだよ!なんだか笑える・・。
手裏剣とか買ってたら少し恥ずかしいかも。
もちろん刃物は機内に持ち込めず、預けて後で受け取ります。


これで「土佐旅行第2章」は終了。
ころで、次の旅行はどこに行こうかね〜。雑賀孫一の「雑賀」か?

和歌山も良いね〜。また来年くらいに、どこかに旅行したいものだ。
次は何時、何処へ行くかは分りませんが、またレポートを書けたら良いなと思います。

最後まで見て頂き、ありがとうございました。

終わり

戻る  トップページへ