読み切り漫画『雑賀衆の芽衣』ダイジェスト1

ダイジェストでの掲載のため物語の詳細が分かり難い事があります。御了承下さい。

ページ3

芽衣は「首を丁重に埋葬するように」織田の兵を怒鳴りつけ、騒ぎを起す。そこに割って入る編み笠の男だったが…。

ページ1

 

ページ8

孫一が騒ぎを収め、その隙に逃げることができた石谷頼辰に手を振る芽衣。

ページ6

織田兵に「石谷頼辰」と呼ばれた編み笠の男を逃がすため、芽衣が火縄銃を発砲。刀を折る。

 

ページ12

雑賀鈴木家との同盟の証に、秀吉は芽衣に自分の城へ来るよう提案するが…

豪快な芽衣の性格が出ている場面です。背景のキラキラと毒舌のギャップが気に入ってます。

ページ10

明智光秀を倒した祝辞と、街中で暴れた芽衣の謝罪のために羽柴秀吉に謁見。
孫一達、雑賀衆は誰の下にもつかない傭兵であり、主従ではなく同盟関係の維持を求めるのだった。

 

ページ15

頼辰は明智家の残党狩りから逃れるために、雑賀の港から四国の土佐まで落ち延びさせてくれるよう依頼する。

ページ14

秀吉は「明智家臣らしき男」を助けた事を問い質すことなく解放。孫一を下手に刺激して敵対されたくはないからだった。

和風建築の背景を描くための資料が沢山欲しいです…

 

ダイジェスト2へ

トップページへ