内容紹介

メシアの詩篇

メシアの詩篇



[ホームへ戻る] [新刊と今後の出版予定書の案内へ戻る]





主イエス・キリストご自身とそのみわざについて
語っている詩篇はいくつかあります。
それらが「メシアの詩篇」と呼ばれるのは、
メシアのことを語っているからです。

詩篇の中には、主イエスご自身とその御思いだけが
記されているものもありますが、
作者の経験を記した中に突然メシアに言及している
ものもあります。
(詩篇第69篇など)

ある詩篇のみことばが新約聖書に引用され、
それが主イエスに当てはめられていれば、
その詩篇は間違いなくメシアの詩篇です。

詩篇の中では、メシアに言及している個所は、
年代順には、並んでいませんが、
本書では、理解しやすいように、
16あるメシアの詩篇を主のご生涯を
たどるような形で年代順に取り上げています。

詳しくは、目次をご覧下さい。

目次

序文
第2篇 永遠の御子 その職務上の栄光
第40篇 キリストの受肉
第91篇 荒野の試み
第41篇 裏切り
第22篇 十字架
第69篇 罪過のためのいけにえ
第16篇 埋葬・復活・昇天
第68篇 キリストの昇天
第45篇 王なる花婿
第24篇 栄光の王
第110編 祭司・王・さばき主
第8編 最後のアダム
第72篇 千年王国 王の統治
第89篇 ダビデへの契約
第102篇 変わることのないお方
第118篇 「ハレル」の結び

付録1 修辞的表現法
付録2 詩篇の分類


下記の文章は、「メシアの詩篇」・詩篇102篇 
変わることのないお方の本文より抜粋しています。

詩篇102篇は、二つに区分されます。

@ 拒まれた孤独な「人」の祈り
(1節から24節)

A 永遠の御子に対する全能の神の答え
(25節から28節)


拒まれた孤独な「人」の祈り
(1節から24節)

ここで主は三つの主題について祈って
おられますが、ここでは、

(二) 主の孤独

に、ついて紹介します。

主は三つのたとえを用いておられます。

『私は荒野のペリカンのようになり、
廃墟のふくろうのようになっています。
私はやせ衰えて、屋根の上のひとりぼっちの
鳥のようになりました。』
(詩篇102篇 6節から7節)

「ペリカン」は、悲しみに沈んだ惨めな様子を
見事に表しています。
ペリカンは、頭を胸にくっつけるような姿で、
沼地水辺にうずくまっており、
イスラエルでペリカンが見られるのは、
フレ湖周辺だけです。
ある著者は、次のように記しています。

「ペリカンは、私がこれまで見た中で、最も悲しそうな
顔つきをした鳥である。ペリカンの表情は、厳しい。」

この悲しげな光景に「ふくろう」が加わる。
「ホーホー」という物悲しい泣き声が廃墟に響く。

ふさぎ込み、廃墟の中をあてもなく飛び回り、
崩れ落ちた建物や墓場の中に止まっている
ふくろうによって、嘆き悲しむ人が描かれている。

「すずめ」(7節・訳注・キングジェームス訳による
新改訳では、鳥)は、集団で生活する鳥である。
そのため、群れにはぐれたすずめには、
「わびしさ」というものを無言のうちに
語っている。この三種類の鳥によって
見捨てられた孤独な状況が象徴的に表されている。

周囲に大勢の人がいる時でも、孤独を感じる時がある。
大都会は、この地上で最も孤独な場所であるかも知れない。

キリストがこの地上で孤独な生涯を送られたことが、
福音書の中で少なくとも四回、強調されています。

@ 家庭生活において

主は少なくとも四人の兄弟と複数の姉妹がおられた。

『この人は大工ではありませんか。
マリヤの子で、ヤコブ、ヨセ、ユダ、シモンの
兄弟ではありませんか。その妹たちも、
私たちとここに住んでいるではありませんか。」
こうして彼らはイエスにつまずいた。
(マルコの福音書6章3節)

『兄弟たちもイエスを信じていなかったのである。』
(ヨハネの福音書7章5節)


とは、なんと意味深長な、みことばだろう。
詩篇第69篇8節には、次のような預言が
記されている

『私は自分の兄弟からは、のけ者にされ、
私の母の子らにはよそ者となりました。』

主が復活されるまで、彼らは救いの信仰を持つに
至らなかったようである。





書籍名 著者 価格
(税込み)
送料


メシアの詩篇



T・アーネスト・ウィルソン

B6版
235ページ

1,620円 300円


「メシアの詩篇」は、
全国のキリスト教書店、および
このホームページから
ご購入することができます。


「メシアの詩篇」の注文を希望される方は

ORDERのボタンをクリックして下さい。

書籍販売の案内

ORDERのボタンを
クリックして下さい。
書籍販売案内の
ページへ行きます。



伝道出版社では、書籍包装サービスを無料で受けたまわっております。
詳しくは、書籍販売案内のページをご覧下さい。




伝道出版社では、
ご購入書籍代金の合計が、
5,000円以上になる場合、
送料無料で書籍をお届け致します。







書籍の注文を希望される方は
書籍販売の案内 ORDERのボタンを
クリックして下さい。
書籍販売案内の
ページへ行きます。


書籍に関するお問い合わせは

dendoushuppan@biglobe.jp

電話・FAXにて受付けています。
お気軽にお問い合わせ下さい。




伝道出版
住所 〒183−0056 東京都府中市寿町2−8−9
電話 042−366−7760
FAX 042−366−7790
代表者 J.B.カリー

電話案内

電話での受け付けは月曜日から金曜日までの
午前9時から午後5時までです。
祝日は休みとなります。
FAXは24時間受付けています。

乱丁、落丁本は、返送送料
当社負担でお取り替え致します



ヨハネ3章16節