イエス・キリストの救いをあなたへ


ホームへ戻る     聖書と心の病のページへ戻る





イエス・キリストを救い主と信じていないあなたに
ぜひ伝えたいことがあります。



季節の移り変わり


『あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。
わざわいの日が来ないうちに、
また「何の喜びもない。」と
言う年月が近づく前に。』
(−聖書−)



聖書はあなたに語っています。

『あなたの若い日に、
あなたの創造者(神)を覚えよ。』
(聖書)


なぜ、創造者(神)を覚えなくてはいけないのでしょうか。
それは、あなたが必ず死ぬからです。
人間は死にます。
季節が移り変わるごとに、私たちは年を取って行きます。
そして、人間が決して逃れる事が出来ない死が、
いつかはあなたにもやってきます。

『人間には一度死ぬことと、死後にさばきを受けることが
定まっている。』
(聖書)


人間は死後にこの世界を造られた神(創造主)にさばかれると
聖書はあなたに語りかけているのです。
このように言われるとあなたは
「なぜ死後の世界の事がわかるのか。」と言って
反発されるかも知れません。

確かに私たち人間には死後のことはわかりません。
ならば、なぜ、私があなたに
「死後に神(創造主)にさばかれる」と言い切る
ことができるのでしょうか。
それは聖書が語っているからです。

聖書が神のことばである証拠について知りたい方は、


聖書を正しく学びましょう
をお読み下さい。

聖書はこの世界を創造された真の神のことばだからです。
聖書の語っていることに間違いは一つもありません。
あなたは死後に必ずさばかれます。
聖なる聖なる真の神から見れば、人間は罪人です。

『義人はいない。ひとりもいない』
(聖書)


あなたを造られた真の神から見れば、私たち人間は罪人でしかないのです。
私たち人間は罪人です。

スペースシャトル

人の犯罪は文明がいかに発展しようとも
宇宙開発を行うまでの科学の発展を遂げても
数千年前より現在に至るまで、その残虐さに変わりはありません。
科学の発展を人のために使うよりも
人を殺す兵器に使うことを望むのが人間なのです。

1997年9月26日の読売新聞の朝刊に
「昨年一年間の大規模紛争」と題する記事がありました。
それによると
ストックホルム国際平和研究所の調査では
昨年一年間に少なくとも世界の24の国で27件の
大規模な紛争が起きたそうです。
大規模な紛争とは国家と国家、ないし、国家と軍事組織の間で紛争期間中に
1,000人以上の死者を出したものを言います。
しかし、この調査には現在2,300万人といわれる難民の中の、
飢餓や病気の死者や、一般的な市民虐殺は計算されていません。
1994年のルワンダの内戦でも、純粋の戦闘による死者は
5,500人でしたが、真の悲劇は戦闘の外緑部で起きていると
その記事も締めくくっていました。

昨年一年間に、人は何人の人を殺したのでしょうか。

この事実をあなたはどうのように受け止めますか。
「これは自分には関係がない。
自分だったらこんなことはしない。」と、言い切れますか。

確かに、今の日本は平和な国なので戦争によって人を殺すことも
人を見殺しにすることもないでしょう。

私は今から日本の敗戦によって起こった悲劇を語ります。

祖父の友人であったおばさんより戦争中の悲劇をお聞きしました。

戦後、おばさんのお姉さんが一人で満州国より帰って来られました。

おばさんがお姉さんに
「二人の子どもはどうしたの」と、聞かれると
お姉さんは一言「死んでしまった。」と、だけ答えられました。
その時は、それ以上おばさんも
子供たちのことを聞けなかったそうです。

子供たちの最後をどうしても知りたかったおばさんは、後日、お姉さんに
「子供たちの最後の様子を教えて欲しい。」と、
聞かれたのです。
お姉さんは無言でうつむいておられました。

その後もおばさんは子供たちのことが気になって、何度も何度もお姉さんに
「どのようにして、子供たちは死んだの」
「どうして、死んでしまったの」と、聞き続けました。
何年もの月日が流れてもけっしてお姉さんは口をひらきません。
しかし、ある時、お姉さんの方から子供たちの最後を話しはじめられました。

日本の敗戦が近づいていたある日、
満州国におられたお姉さんたち日本人は、
危険から逃れるために、集団で帰国の途につかれました。
交通手段は自分の足しかありません。
頼りであるご主人も徴兵されていません。

そんな極限の状態の中、
お姉さんは幼い子ども二人と一緒に
帰国船がある港へ向かって必死で歩き続けました。
そんな時、日本人の間にあるうわさが流れたのです。
敵国であるソ連兵がすぐそこまで迫っていると。

日本の軍隊は、日本人を守ることもせず、先に逃げていたので、
武器を持たない彼らには、ソ連軍に対抗する手段がありません。

そこで、彼らはある決断を下す事にしました。

それは泣き声を押さえる事ができない
「5歳以下の子どもを殺す。」というものです。

そうしなければ、ソ連軍に自分たちの居場所がわかってしまい
全員が殺されてしまうと考えた大人たちは
幼い子供たちを次々と殺していきました。

とうとうお姉さんの子供たちの番になった時
弟が「お兄ちゃん、恐い。」と言いながら兄にしがみ付きました。

「僕がついているから、だいじょうぶ。」と
弟をかばいながら・・・幼い二人は、殺されました。

お姉さんの話を聞いたおばさんは、激怒しました。

「なぜ、あなたは一人だけ生きて帰って来たの」
「なぜ、子どもと一緒に死ななかったの」
「子どもを犠牲にしてまで、生きていたかったの・・・」

と言ってお姉さんを激しく責めました。

この悲惨な事実は、私たちの祖父、祖母の時代の出来事です。
あなたはこの話を聞かれてお姉さんを責める事ができますか。

このような悲惨な状況に置かれた事がない私たちに
お姉さんを責める事ができますか。

私はこの話を聞いた時、お姉さんを
責める気にはなれませんでした。
もし、私がお姉さんと同じ立場に置かれたとしたら
「子どもと一緒に死ねるだろうか」と、真剣に考えました。
確かに子どものために
「平気で死ぬことができる」と、今は思っていますが
その時に本当にそのような行動が取れるかは疑問です。

お姉さんにしてもこのような悲惨な事件が起こる前は
「私はこの子たちのためにできるだけのことをしてやりたい」と
願っておられたと思います。

現在の日本でも親の虐待によって何人もの幼い子供たちが命を落としています。

このようにどうしようもない罪人こそが人間なのです。

すべての造り主である神から見れば人間は罪人でしかありません。
それでもあなたは
「私は人を殺すことを望まないし、人を憎むこともない。」と、
反論されますか。

神は私たち人間の心の中の罪までもさばかれるのです。
心の中であなたは「人を殺したい」と思ったことはありませんか。
もし、思ったことがあるならばそれだけで神からみれば人殺しです。

神は心の中の罪も明らかにし、さばかれるのです。
ならば、死後にあなたはさばかれ、どうなるのでしょうか。
聖書ははっきりと、死後、あなたは真の神にさばかれ、
地獄に行くと言っています。

『すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を
受けることができず。』
(聖書)


あなたは罪を犯しているので天国に行くことはできません。
火と硫黄との燃える池(地獄)で永遠に苦しむのです。
火と硫黄との燃える地獄で昼も夜も永遠に苦しみを受けることになると
聖書ははっきりとあなたに語っています。

しかし、神は愛なるお方です。
罪人であるあなたを地獄から救おうとされました。
真の神であるイエス・キリストがあなたを地獄から救うために
人となってこの地上に来られました。

『キリスト・イエスは罪人(あなた)を救うために
この世に来られた。』
(聖書)


イエス・キリストは神であられたのに、あなたを地獄から救うために
人となってこの地上に来て下さったのです。

そしてあなたの罪の身代わりに十字架に掛かって死なれました。
イエス・キリストの十字架の死はあなたの罪をゆるすためであり、
あなたを地獄から救うためであったのです。

あなたが
「イエス・キリストが自分の罪のために十字架で死なれた」と、
信じるならば、あなたの罪はすべてゆるされ、
永遠のいのちを持つことができるのです。

イエス・キリストはこの救いが確かであることをあなたに示すために、
死後、三日目によみがえられました。
イエス・キリストの十字架の死が、
自分の罪をゆるすためであり、
また、
三日目のよみがえりが真実であったと信じるだけで、
すべての罪がゆるされて地獄から救われるのです。
行いや努力はいりません。

ただ、信じるだけで、地獄より救われ、天国へ行くものとかえられるのです。

『私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、
私も受けたことであって、次のことです。
キリストは、聖書の示すとおりに、
私たちの罪のために死なれたこと、
また、葬られたこと、また、
聖書に従って三日目によみがえられたこと、
また、ケパに現れ、それから十二弟子に現れたことです。』
(聖書)


イエス・キリストは十字架でいのちを捨てられたほどにあなたを
愛しておられます。
たとえあなたが人殺しであったとしても、
お姉さんのように子どを犠牲にしてしまったとしても
言葉では言い表せないぐらいの罪を
犯していたとしても、それでもイエス・キリストは
あなたを愛しておられるのです。

「なぜ、こんなにも汚い罪人である私を愛して下さっているのか」と
疑問に思われるかもしれません。

聖書はそんなあなたに

『なぜなら神は愛だからです。』
(聖書)


と、語りかけています。
イエス・キリストの両手にはあなたを愛するしるしである、釘のあとがあり、
わき腹には槍のあとがあります。

イエス・キリストは

永遠の愛で・不変の愛で・完全な愛で

あなたのことを愛しておられます。
それゆえ聖書は語っています。

『神は、実に、そのひとり子(イエス・キリスト)を
お与えになったほどに、世(あなた)を愛された。
それは御子(イエス・キリスト)を信じる者(あなた)が、
ひとりとして滅びることなく、
永遠のいのちを持つためである。』
(聖書)


ぜひ、イエス・キリストを救い主と信じて
地獄に行くことなく、永遠のいのちを
持つ者となって下さい。







イエス・キリストを救い主と信じていない方で
もっと詳しく聖書の語っている救いを
知りたい方は


福音図書の案内で 紹介しています書籍、

プレゼント
「究極の質問」を
プレゼント致します。

申し訳ございませんが、クリスチャンの方は、
ご遠慮下さい。


究極の質問


「究極の質問」は、すでに
全世界で34ヶ国語に翻訳されています。

プレゼントをご希望の方は、郵便番号、ご住所、
ご氏名、希望理由(任意で結構です。)を


dendoushuppan@biglobe.jp

まで、メールにてお知らせ下さい。





時間がゆるされるならならば、
のんびり
のんびりといろいろな
案内をご覧ください。




ホームへ戻る



ホームページに関する、ご意見、ご感想、
また、聖書に関するご質問は、お気軽に


dendoushuppan@biglobe.jp

まで、お問い合わせ下さい。


ヨハネ3章16節




イルカ