伝道出版社の案内

[ホームへ戻る]



プロフィール




昭和6年

R.J.ライト兄が来日。福音印刷物のために東京で出版社を始めるが、
昭和16年9月26日、ライト兄といっしょに伝道しておられた
藤本善右衛門兄などが
特高警察によって、いっせいに検挙されました。
ライト兄は「このまま自分が日本にいては他の兄姉に迷惑がかかる」と思い、
一時的に北アイルランドへ帰る決心をされましたが、
北太平洋航路の汽船に乗船中、戦争が始まってしまったために
戦時抑留者となりました。
ライト兄は昭和17年の暮れに戦時交換船でイギリスに送還されています。

ライト兄といっしょに伝道しておられたヒューイット兄は
「自分は日本の土」になると言って日本に残りました。
ヒューイット兄は逮捕後、特高警察ばかりでなく、憲兵隊にまで回されて
かなりひどく痛めつけられ、最後にはその熱心な信仰と行動が
狂人と理由づけられ、精神病院送りとなり、

ヒューイット兄はその病院で、体を鎖でつながれたまま、
殉教されました。




戦前、戦中、戦後の兄姉の働きを詳しく知りたい方は


信仰生活・証しの書の案内で


雲のごとく このうえなき喜び

紹介しています、「雲のごとく」・「このうえなき喜び」をお読みください。




昭和23年

R.J.ライト兄が再来日。


昭和24年
ライト兄が、戦前に発行していた求道者向けの月刊誌「救いの井」を再発行。
「礼拝讃美歌」も出版。



昭和25年
ライト兄とR.カイル姉が渋谷駅の近くに小さな店を借り、伝道出版社を開設する。
H.A.アイアンサイド著「パウロと同船して」、「日々の光」(文語訳)を出版。
子どものための月刊誌「ひつじかい」発刊。



昭和26年
C.H.M著「レビ記講義」が出版され、モーセ五書講義シリーズが始まる。
信者のための月刊誌「健全な言葉」が発刊。



昭和28年
伝道出版社、新宿区(新大久保駅の近く)に引っ越しする。
カイル姉が帰国されたためにJ.B.カリー兄とB.トロッタ姉がその働きを受け継ぐ。



昭和30年
スピッチリ姉が伝道出版社の働きに参加。


昭和32年

新宿区神坂楽(飯田橋駅近く)に土地を買い、小さなビルを建てる。
ここでの働きは昭和60年まで続いたが、
飯田橋駅前の開発のために移転を余儀なくされ。
国立市に新社屋を建築。




現在は、〒183−0056 東京都府中市寿町2−8−9で活動しています。



現在の伝道出版社は、
書籍販売のためのスペース
はございません。



伝道出版社の書籍は国のキリスト教書店、
およびこのホームページよりお求めください。







書籍の注文を希望される方は
書籍販売の案内 ORDERのボタンを
クリックして下さい。
書籍販売案内の
ページへ行きます。


書籍に関するお問い合わせは

dendoushuppan@biglobe.jp

電話・FAXにて受付けています。
お気軽にお問い合わせください。




伝道出版社
住所 〒183−0056 東京都府中市寿町2−8−9
電話 042−366−7760
FAX 042−366−7790

電話案内

電話での受け付けは月曜日から金曜日までの
午前10時から午後6時までです。
祝日は休みとなります。
FAXは24時間受け付けています。

乱丁本、落丁本は、送料
弊社負担にてお取り替えいたします。



ヨハネ3章16節