TOPへ
ここではULAを使ったアプリケーションについて解説します。


■ULA-HOST

ULAの要となるアプリケーションだと思います。
GBAとデータのやり取りを行います。


インストール
圧縮ファイルを任意のフォルダに解凍するだけです。

アンインストール
見たところ、設定ファイルも作っていないようですし、レジストリにもそれっぽいのは見当たりません。
つまり、設定は一切保存してないようなので、何も考えずにファイルを消せばアンインストール完了と思われます。

使い方
ULAをPCとGBAに接続して「ULAHost.exe」を起動します。
もし、ULAのドライバ設定が適切でなかったり、単に接続し忘れていた場合、

このエラーが出ます。

無事に起動できましたら、このメニューが出ます。

そして、やりたい事を選びます。

Prog:PC -> GBA
プログラムをPCからGBAに転送します。

Prog:GBA -> PC
GBAに入っているプログラムをPCに転送します。
ROMイメージをカセットから取り出す方法です。

Data:PC -> GBA
PCからGBAにセーブデータを転送します。

Data:GBA -> PC
GBAからPCにセーブデータを転送します。
友達に貸す前や、不慮の事故の予防策にどうぞ。

ゲームの吸い出しを例にとって解説します。
ULA-HOSTが起動した後、[Prog:GBA -> PC]を選びます。
すると、ダイアログが出てどこにファイルを保存するか聞かれます。
適当な場所に適当な名前でファイルを指定しましょう。

ファイル名を入れて決定します。

GBAの電源をオフにしてくれと出ますので、オフにした後[OK]をクリックします。

次に、STARTとSELECTを押しながら電源を入れろと出てきますので、その通りにします。


---以下状況---
SELECT+START起動
nintendoのロゴの直後にGAMEBOYのロゴが出てくる。
音が鳴ってnintendoが消える。
その後で、音と共にnintendoが再度現れる。
そしてGAMEBOYとnintendoのロゴが消える。
---終わり

文字で書くと分かりにくいので、動画にしてみました。
こんな感じで通信が確立します。(300kB,wmv)


おそらくですが、任天堂のロゴが消えた後に再度出てきた場合成功です。
出て来なかったら…失敗ということです。
もう一度配線をよく見ましょう。


通信が確立した後、選んだ処理に入ります。
吸い出しでは、進捗状況を示すウィンドウが出てきて数字が増えていきます。
100%になった時点で、CRCを計算して問題なければ完了になります。
(このあたり、スクリーンショットが取れなかったので画像はありません)


吸い出し速度の比較
ハードウェアソフトウェアバージョン吸い出し時間備考
FlashAdvanceLikerXtremeXtremeLink1.20beta84sec速度は5。10でも同じ
USBLinkerAdvanceFlashManager2.21153sec
USBLinkerAdvanceULAHostbulid20020725294sec通信確立に14sec

サンプルはF-ZERO ADVANCE。サイズは32Mbit(4MByte)


■ULA-GP

ULA-GPとはULAを介してGBAとPCを繋ぐ事により、GBAをPCのコントローラとして使うユーティリティです。
つまり、GBAでPCのゲームなりが遊べるということです。
さらにいうと、吸い出したゲームをエミュレータで遊ぶ時、実機を使って操作出来るということです。
操作感覚が実機並みではなく、実機なのですこぶる快適です。
GBAは起動しておかなければならないので、電池を使うというのが難点といえば難点ですが…。

インストール
インストーラなどはありませんので、任意のフォルダに解凍するだけです。

アンインストール
デバイスから認識されたGBAを削除しなければならないと思います。
多分セーフモードで起動してUSBの部分にぶらさがっているのを消せばよいかと。
(殴り書きです。しばらくお待ち下さい)

使い方
「ULA-GPHost.exe」を実行します。

すると、このような画面が出てきます。
インストールしたいわけですから、Yesをクリックします。

そうするとドライバの場所を聞かれますが、ULA-GPを解凍したフォルダを指定します。
するとOKがグレーアウトから選択可能になるはずですので、OKを押します。

その後はULAの通信確立と同じです。

認識されると、GBAの液晶に入力確認画面が出てきます。
適当にボタンを押すと、押したところが反応します。

で、コントロールパネルのジョイスティックのところを見ますと、ちゃんと認識されているはずです。
そうなっていれば、ジョイスティックが使用可能なアプリケーションで割り当てる事により、GBAがPCのコントローラとして使用可能です。