TOPへ


やや完成度は上がりましたが、まだ作りかけ…。

ULAってなんじゃないな
ULAとはTeamKNOxの 織田さんが開発されたPCとGBAを繋ぐデバイスの事です。
Project xLAの産物で、 インターフェースにパラレルポートを使うのがPLA、通称ブートケーブル
FA2も同じ"ような"ものと思われます。実際は違うわけですが、動作的には似たようなことをやります。

USBを使うのが今回のUSB Linker Advance、略してULAです。


作ってみたので、その作り方やらを書いていきます。
ただし、作った後で書き出したので曖昧なところが多々あります…。





クリックすると大きいのが見られます。
ものさしは大きさの参考にどうぞ。
ULAで何が出来る?
  1. GBAのROMカートリッジからROMイメージの吸い出し。
    → これでエミュレータで手持ちのゲームが遊べます。

  2. GBAのROMカートリッジからセーブデータの吸い出し/書き込み。
    → ゲームのセーブデータをPCに保存することができます。色々出来ますね。

  3. GBAのフラッシュカートリッジへのデータ書き込み。
    → 書き込みには当然フラッシュロムカードが必要ですが…。

  4. GBAのRAM領域へのプログラム転送。
    → フラッシュカードなしでもGBAでFCが出来たりします。

  5. ULA-GPというソフトウェアを使う事により、PCのゲームなどの操作をGBAで行うことができます。
    → 手持ちのゲームを吸い出した内容をエミュレータでGBA本体を使って遊ぶ事が可能です。
作ろうと思ったら
最初に言っておきますが、あまり難しくはありません。どっちかというと簡単だと思います。
ハンダ付けに関しては、私がやったのは無駄な遠まわりだったので難しかったのですが、もっと簡単にできる方法があるはずです。
実際織田さんの作った物は簡単そうです。
必要なもの
最重要部品の入手
EZ-USBもしくはその相当品
一番重要なものです。なので、一番最初に書きます。
これさえ手に入ればあとのは入手が簡単です。

EZ-USBとはCypressという会社のUSBを簡単に使えるチップを使ったデバイスのことのようです。
詳しくは知らないんで突っ込まないで下さい。チップ自体の型番はAN2131SCとかそんな感じです。

で、市販のUSB機器のなかにはこのAN2131SCやらを使ったものが存在します。そいつをちょこっといじってULAにするわけです。

ULAで使うピンが全部あって、ファームをいじらなくても使えるのがAN2131Q, AN2121S, AN2122S, AN2131S,AN2125S, AN2165,AN2135S, AN2136です。
そんな訳のわからん型番言われても何が何やらという人が大半だと思いますが、


該当する機器を開けてみると、こんな感じで一番デカいICに型番が書いてあります。
これはIO-DATAのUSB-PHS64の中ですが、CYPRESS AN2136SCと書いてあるのが見えますね。
(クリックすると大きな画像になります)


そのまま使える/使えた/使えそうな市販の機器は
メーカー名前IC商品説明備考ヤフオクチェック
OptimizeMINI EZ-USBAN2131SCUSB開発キットハンダ付け必須2980円(完成品は+1500円)
IO-DATAUSB-PHS64AN2136SCPHSの通信ケーブル製造終了比較的多い
IO-DATAUSB-H64AN2136SCエッジの通信ケーブル製造終了安い
IO-DATAUSB-PDCAN2131SC携帯電話の通信ケーブル生産中止につき入手困難まぁまぁ?
IO-DATAUSB-RSAAN2131QCUSB-RS232C変換アダプタ完売と人気のため高い?少ない
XircomPGSDB9AN2131SCUSB-RS232C変換アダプタ出るのか?
ASKUSA-19W少ない
ASKUSA-28上と同じ
ASKUSA-28X上と同じ
ソースネクスト携快電話USBケーブル携帯電話接続用ケーブル現行品は不可多い
INCREMENT Pケータイエディ2
USBケーブル(mac)
携帯電話接続用ケーブル要チェック?意外に少ない
VisolyFAL XtremeAN2131SC言わずと知れたあー。
SharpCE-PD03AN2121Sメビウス用通信アダプタ100円
オムロンHYPER CABLEAN2121S

使えないものリスト
皆さんの協力により追記していきます。
ハズレを引いたらご一報くださればリストに追加します。



などがあるようです。
(携快電話USBケーブルはみあさん、 ケータイエディ2 USBケーブル(mac)の情報はひぐらしみんみんさんに教えていただきました。ありがとうございます)

10/28追記。Dinoさんからの情報によりますと、最新の携快電話USBケーブルはPL-2303というチップが使われていて使えないようです。

さらに追記。みあさんからの情報によりますと、ソースネクストのWEBに
> ※「携快電話7」は付属の専用コードのみで使用できます。
> 「携快電話6」以前の専用コードは使用できません。
と、記述があるらしいです。これから察するに、携快電話6以降のUSBケーブルは上記PL-2303が使われていると思われます。


私が使ったのはIO-DATAのUSB-PDCです。
既に生産中止で、USB-PDC2が発売されていますが、USB-PDC2は使えないので注意が必要です。
必要なのは本体だけなので、箱ドライバ説明書保証書など一切なくてもオッケーです。
お値段は一概には言えませんが、800円から3000円位ではないかと思います。私は中古で800円で買いました。
はっきりいって、このページにある通りに作ろうとした場合、このUSB-PDCをどれだけ安く手に入れられるかで費用が決まります。


使える事には使えるのですが、ULAのファームの改造が必要なものはAN2125S, AN2135S*, AN2136です。
市販の機器では先に例に上げましたIO-DATA USB-PHS64やIO-DATA USB-H64などが該当します。

なぜ使えないのかといいますと、配線のところにあるPB0という場所が別のものに変わっているからです。
ファームウェアを改造して、PB0を別の場所で代用するようにすれば使えるそうです。
改造するには様々な知識が必要ですので、私には無理です。
おとなしく普通に使えるものを買いましょう。

2002/11/2追記:AN2135がbuild20021028のファームウェアでサポートされました!!





茂木孝一さんの弛まぬ努力と挑戦により、USB-PHS64での動作が確認されました。
以下にその内容を転載します。
また、ゆうさんよりUSB-H64でも同様の手順によりULA化に成功したとの報告がありました。

USB-PHS64をULA化できましたので報告します. USB-PHS64をULA化するにあたり,注意するべき点を以下に記します. (1) ezusbw2k.infの追加点 [Cypress] に次の1行を追加します. %USB\VID_04BB&PID_0908.DeviceDesc%=EZUSB.Dev, USB\VID_04BB&PID_0908 [Strings] に次の1行を追加します. USB\VID_04BB&PID_0908.DeviceDesc="I/O DATA USB-PHS64 (AN2136SC)" (2) 結線について 基本的にはBenzoさんや織田さんのサイトにある通りです. ただし,PB0に相当する端子はAN2136Sにはありませんので, その位置にある端子に何も接続する必要はありません. また,使用するピン(PC0,1,4,5)には何らかの回路がつながって いますので,それらのピンを基板から浮かせた上でGBA通信ケーブルと 結線しなければ動かない可能性が高いです. # とりあえず浮かせずに工作してみて,動かなければまずPC4とPC5を # 浮かせてみて,それでもだめならPC0とPC1も浮かせてみると良いと # 思われます. (3) ファームウェアについて 織田さんのサイトからダウンロードできる gba_boot_なんとか.zip に 含まれている gba_boot.bix_sm2 を,ULA-Hostをインストールした ディレクトリの gba_boot.bix に上書きコピーします. ULA-Host起動前に,EZ-USB Control Panel から gba_boot.bix_sm2 をUSB-PHS64へ転送したとしても,ULA-Hostが自分のディレクトリに あるgba_boot.bixを送ってしまいますので,ULA-Hostのディレクトリ にあるファームウェアを書き換えなければ意味がありません. # 従って,EZ-USB Control Panel はまったく使いません. # ただ,ezusbw2k.infが必要なので,開発キットは必要です. 注意点は以上です. USB-PHS64で動かないのは,おそらく(1)が原因であったと 思われます.ひょっとすると,USB-H64も同じ理由かもしれません. # 特に織田さんにはいろいろとご助言を頂きました. # ありがとうございました.
へのへのさんよりPV-HKU6401をULA化した際のことについてお寄せ頂いた情報です。
*できたこと TeamKNOx様 作のReversiAdvanceがGBAでできた。 *やったこと ハード側 1.PV-HKU6401をあけて、裏面のEEPROMをはずす。 2.H"側(PHS側)のケーブルを抜く。 3.GBAの通信ケーブルを接続する。接続するところはPC0,PC1,PC4,PC5,GNDの5つ (この際、PC4とPC5がAN2136SCの下でつながっているようだったので、PC4の足は浮かせてつなげました。) ソフト側(Windows2000を使用) 1.茂木孝一様のページよりezusb_driver.zipをDLして、 EZUSB.SYS ----> C:\WINNT\SYSTEM32\DRIVERS EZUSBW2K.INF ----> C:\WINNT\INF      へコピー 2.USBケーブルをつないでみて、デバイスマネージャーで USB (Universal Serial Bus) コントローラ の下に Cypress EZ-USB(2131Q/2131S/2135S) - EEPROM missing があることを確認する。 3.Project xLA様のHPよりgba_boot_20021028.zipとULAHost20021108.zipをDL。 4.gba_boot_20021028.zipを解凍した中にgba_boot.bix_sm2があるので、gba_boot.bixにリネーム。 5.ULAHost20021108.zipを解凍したディレクトリに上記gba_boot.bixを上書きコピー。 6.TeamKNOx様のHPよりReversiAdvanceをDL、解凍しておく。 7.ULAHostを立ち上げて、Prog:PC->GBAを選択。以下省略。
その他必要な部品について
GBAの通信ケーブル。
メーカー名前購入価格購入場所備考
ゲームテックバトルケーブル900円ビックカメラ 中央の紫の箱はネジ留めされていて、それを外すと基板にケーブルがバラけてハンダ付けされています。
ぶった切る必要がないというのと、ビックカメラで900円と安価だったのでお薦めです。
フェライトコアもついていますし、一つのパッケージで二つコネクタが取れます。
カラットマルチ対戦ケーブル99円ソフマップ ソフマップで特売になってました。99円は激安です。
色は銀色と紫がありました。かなり安物くさいですが、配線的には使えます。
入手出来るのであればこっちの方がいいかもしれません。

使える通信ケーブル
使えない通信ケーブル
その他
名前数量値段備考
1kΩ〜3kΩの抵抗35円*3色々種類がありますが、安いので十分です。私は2kΩのを買いました。
ユニバーサル基板160円穴だらけの基板で、部品を配置するのに使いました。一番小さいので十分です。
配線材お好みで色々私がやった無謀な方法は、ICの足にハンダ付けするので、単線の細いものがよいかと。
どうやらラッピングワイヤーなるものが最善のようです。

ユニバーサル基板や抵抗は必須ではないようです。
なくてもいけるようです。あーあ。

あると便利な工具とか
ニッパ
途中でUSB-PDCの基板をぶった切るという暴挙に出ますので、その時あると便利です。

ホットボンド
ユニバーサル基板にUSB-PDCやケーブルを固定するのに使いました。
マジックハンダとかグルーガンとかの呼び名もあるようですが、樹脂を熱で溶かして接着するものです。
ホームセンターのPBものなら1000円でお釣りがたくさん。


ハード制作編へ